CNC三次元測定機 CRYSTA-Apex V1200シリーズ

最小表示量(mm) : 0.0001 測定範囲 X軸(mm) : 1200 測定範囲 Y軸(mm) : 1200 測定範囲 Z軸(mm) : 1000
/pim-assets/medias_converted/Highres/Mitutoyo/Media/Image/17_Coordinate Measuring Machines/21_0_CRYSTA-Apex_V1200_202109_FS_1.psd

*商品の最新の在庫状況・納期は、お取引のある商社様または弊社営業所にご確認ください。

*商品画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。商品詳細は仕様を必ずご確認ください。

精度、スピード、多様性を追求し進化を遂げた、新世代C N C 三次元測定機

商品バリエーション

主な特長

  • 従来、恒温室や測定室に設置しないと三次元測定機の精度保証はできませんでしたが、温度補正機能を搭載することによって、1 6 〜2 6 ℃の温度範囲下での精度保証が可能になります。測定物および測定機本体の温度を測定し、2 0 ℃時の寸法に換算した測定結果を出力することができます。
  • CRYSTA-ApexVシリーズは、最大許容長さ測定誤差※1E0,MPE=(1.7+3L/1000)μmを保証。一般的に高精度と呼ばれるE0,MPE=(2.5+4L/1000)μmクラスの三次元測定機と比較すると、仮に保証したい精度(図面公差)が±0.02mmであるケースを想定した場合、前者では測定長さ375mmを超えたところで、測定機の精度が保証したい精度の1/5を超えてしまいます。
    一方、Vシリーズでは766mmまでは測定機の精度が1/5以下であることがわかります。初項が0.8μm違うだけで、実は同じ精度を保証できる能力の点から見ると、2倍以上の差があるのです。
  • 測定時の動的誤差要因を排除するために、倣いプローブを用いた測定では、測定データの安定化処理を行います。プローブ先端がワークに接触したときに、数秒間の静止処理を行い、動的誤差要因を極力排除することで精度の高い繰り返し測定を実現しています。
  • CRYSTA-Apex V シリーズの最大駆動速度は519 mm/s、最大駆動加速度は2309 mm/s2。一般的なCNC 三次元測定機( 最大駆動速度430 mm/s、最大駆動加速度1667 mm/s2)と比較すると、移動を開始して1秒後には移動距離に約100 mm の差が生じます。さらに、V シリーズは、測定速度(測定物への接触速度)も最大8 mm/s と、一般的なCNC 三次元測定機( 最大測定速度5 mm/s)と比較すると非常に高速な測定が可能となっており、V シリーズの駆動速度・駆動加速度とのコンビネーションによって、総測定時間の大幅な短縮が可能となります。測定箇所が増えれば増えるほど、この差は大きくなり、それは測定コストの差となって現われてきます。
  • オペレータが指定した測定経路(設計値)に従い、倣う測定機能を搭載。高速でも理想の軌跡を制御し、加減速で生じるスケール - プローブ間や測定機の変形による動的アッベ誤差を補正することで高速・高精度倣いを実現。さらに、3D形状の測定経路も指定可能で、曲面や輪郭といったより複雑な形状のワークを、自由な測定経路で測定することができます。
  • ワークと設計値とのズレを許容することで、3 D 設計値スキャニングの良さを持ちつつ、加工精度や設置ズレに左右されない高速測定を可能にしました。これにより、タービンやブレード、インペラ等、形状が複雑なため加工精度のムラや測 定時の設置ズレが 起きやすく、測定が難しかったものも測定することができます。
  • C R Y S T A – A p e x V シリーズには、スキャニングプローブや非接触プローブなど、多種多様なワークの測定に対応できるアプリケーションを備えています。

仕様

符号 CRYSTA-Apex V121210 CRYSTA-Apex V122010 CRYSTA-Apex V123010
 測定範囲 X軸(mm)
1200
1200
1200
 測定範囲 Y軸(mm)
1200
2000
3000
 測定範囲 Z軸(mm)
1000
1000
1000
 駆動速度 CNC mode 移動速度(各軸)(AUTO)(mm/s)
8~400
8~400
8~400
 駆動速度 CNC mode 移動速度(各軸)(MANUAL)(mm/s)
8~136
8~136
8~136
 駆動速度 CNC mode 最大合成速度(AUTO)(mm/s)
693
693
693
 駆動速度 CNC mode 最大合成速度(MANUAL)(mm/s)
236
236
236
 駆動速度 CNC mode 測定速度(AUTO)(mm/s)
1~5
1~5
1~5
 駆動速度 CNC mode 測定速度(MANUAL)(mm/s)
1~5
1~5
1~5
 駆動速度 J/S mode 移動速度(mm/s)
0~80
0~80
0~80
 駆動速度 J/S mode 測定速度(mm/s)
0~3
0~3
0~3
 駆動速度 J/S mode 微動速度(mm/s)
0.05
0.05
0.05
 駆動加速度(各軸)(mm/s²)
1000
1000
1000
 駆動加速度(最大合成加速度)(mm/s²)
1732
1732
1732
 最小表示量(mm)
0.0001
0.0001
0.0001
 案内方式(各軸)
エアベアリング
エアベアリング
エアベアリング
 測長ユニット
リニアエンコーダ
リニアエンコーダ
リニアエンコーダ
 測定物 最大高さ(mm)
1200
1200
1200
 測定テーブル 材質
はんれい岩
はんれい岩
はんれい岩
 測定テーブル 大きさ(載物面)(mm)
1400×2165
1400×2965
1400×3965
 測定物 最大質量(kg)
2000
2500
3000
 測定テーブル 測定物固定方法(mm)
M8×1.25
M8×1.25
M8×1.25

アクセサリ・オプション

ご購入方法に関するお問合せ

ミツトヨ商品のご購入につきましては、お取引きのある商社様または最寄りの弊社営業所までお問い合わせください。なお、商社様の紹介をご希望の場合も、弊社営業所や海外拠点へご連絡ください。