測定不良を無くし、モーターコアに組み付けられたヘアピンの安定した測定を実現

解決提案 三次元測定機(座標測定機)
非接触測定から接触測定に変更することにより、高精度な測定が可能になります。
  • 従来の課題

    • 非接触測定で測定していたが、製品自体のバラつきやヘアピンの光沢による測定エラーが頻発し、測定時の手離れが悪かった
  • ミツトヨの解決提案

    • CNC三次元測定機CRYSTA-Apex Vシリーズを用いた接触測定により、ワークの光沢などの表面性状に影響を受けない高精度測定が可能
  • 期待される効果

    • 接触測定は繰り返し精度が安定し、測定エラーが発生しないため、測定者の手離れが良くなる

非接触測定時に頻発していた測定不良を無くし、測定精度が向上!

背景

モーターの性能はモーターコアの加工・組み立て精度に左右されます。モーターコア1個には約300のヘアピンが組み付けられており、モーターコアは同心円状に組み付けられたヘアピンの位相及び高さを全て精密に測定する必要がありました。

従来の測定方法の課題

レーザー変位計+画像測定機による非接触測定をおこなっていましたが、製品自体のバラつきやヘアピンの光沢の影響を受け、エッジの検出に失敗し測定不良が頻発。その都度、手動でエッジ合わせをおこなう必要があり、測定者の手離れの悪さが問題でした。

解決策

CNC三次元測定機CRYSTA-Apex Vシリーズを用いた接触測定により、ワークの光沢などの表面性状の影響を受けずに高精度測定ができるようになります。

効果

  1. 1.エッジ検出の失敗による測定不良がなくなり、測定者の手離れがよくなります。
  2. 2.CNC三次元測定機CRYSTA-Apex Vシリーズは、リアルタイムで公差照合ができます。NGが発生した場合は即座にプログラムを終了し測定者に通知するため、測定不良のまま測定を続けることもなくなります。

お問合せ

掲載記事に関するご質問や関連する商品・ソリューションの導入のご相談などがございましたら、以下よりお気軽にお問い合わせください。

その他の解決提案・アプリケーション

てこ式ダイヤルゲージ(テストインジケータ)の測定誤差要因を排除

てこ式のダイヤルゲージから直動式のレバー測定子形ID(デジマチックインジケータ)に変更して誤差要因を排除する。

レバー測定子形ID(デジマチックインジケータ)での自由な測定姿勢と測定子の角度誤差の排除を両立

330度の表示部回転機能を実装し、どのような姿勢でも測定可能。また、アナログ式のてこ式ダイヤルゲージ特有の測定子の角度誤差を排除し、測定子の角度を気にせずセッティング可能になりました。

インライン対応CNC三次元測定機で、生産現場の高効率測定を実現!

製造現場に対応したCNC三次元測定機を導入することで、ゲージによる手動測定から脱却できます。

ベアリングの寸法測定の平準化、効率化を実現

アナログ方式の測定をFTA-C4000により自動化し、測定レベルの平準化を実現。2台必要だった外径・内径測定が1台ででき、測定値のデジタル管理も可能になります。

プレス加工品の寸法測定を誰でも素早く高精度に!

MFシリーズと画像ユニットにより、非接触での高精度な形状測定が誰でも簡単にできる。

完全アブソリュート=原点復帰不要!マルチヘッドシステム構築に最適!

原点復帰作業不要!マルチヘッド対応リニアスケールにより工数負担を減らし、実装速度・精度を向上。