MITUTOYO Japan
プレスリリース
2010.2.23

現場対応・ハンディータイプ表面粗さ測定機の新標準 “サーフテスト SJ-210シリーズ”を発売

 株式会社ミツトヨ(本社:川崎市高津区、代表取締役社長:中川 徹)は、加工現場で表面粗さの管理が行えるハンディータイプの表面粗さ測定機 サーフテストSJシリーズに操作性の向上、高機能、高性能、多彩な解析と表示機能を実現したサーフテストSJ-210シリーズを開発、商品化、本年3月1日から国内販売を開始、更に海外への販売を順次開始します。
 1998年1月に現行機種 SJ-201シリーズの販売を開始、市場で好評を得ましたが、小形表面粗さ市場では、例えば加工物の品質管理に加え特に刃先の磨耗度チェック及び刃工具の交換時期の見極めといった加工機の管理にも使用される等、その適用範囲が多岐にわたり、更なる機能向上が要求されています。また一方で、簡単に扱うための操作性向上と低価格化へのニーズは依然として強くあります。
 SJ-210はこれらのニーズに対応するため、表面粗さ測定機としての基本性能が更に向上しています。現行機種のSJ-201の手のひらサイズのコンパクトボディと駆動部一体形から分離形へのワンタッチ着脱はそのまま継承し、視認性の良いカラーグラフィックLCDを搭載しています。表示言語は16ヵ国語(マルチ言語)に対応し切り替えが自由自在、測定範囲はX軸 17.5mm(横駆動形は5.6mm) Z軸 360μm、最小分解能 0.002μmの高精度、駆動部は標準タイプ、検出器退避タイプ、横駆動タイプの3タイプを取り揃えています。外部入出力はUSB I/F、ミツトヨ独自のデジマチック出力、プリンタ出力、RS-232C I/F、フットスイッチ I/Fの5形式、電源は内蔵バッテリ(Ni-MH充電池)とACアダプタの2電源、オプションのメモリカードで測定結果や測定条件を大量に保存可能、オプションのSJ-210専用プリンタを使用して35m感熱紙ロールにより記録図形等の印刷が可能です。特にカラーグラフィックLCDは2.4インチ(表示領域:36.7×48.9mm)でバックライトを採用、薄暗い現場での作業の視認性を大幅に向上しています。
[主な特長]

コンパクトなボディーに凝縮された多彩な表示機能
視認性の良い2.4インチカラーグラフィックLCDを搭載、バックライトの採用で視認性と操作性を大幅に向上、合否判定結果もカラー表示、測定結果だけでなく、評価曲線、負荷曲線、振幅分布曲線も鮮明に表示可能です。

操作キーは簡単配列を重視
携帯電話のようにカラーアイコン表示、分かり易い画面構成と十字キーで直感的な操作性を実現、頻繁に使用しない操作キーはスライド式のカバーで収納でき誤った操作を防止できます。

現場でのデータ収集が容易に行えるデータ保存機能
測定条件を内蔵メモリで最大10件保存でき、ワークに応じた測定条件を一発で読出し可能です。メモリカード(microSD オプション)で測定条件(500件)や測定データ(10000件)、画面データ(500件)を大量に保存可能で、現場でのデータ収集とドキュメンテーション化に役立ちます。

バッテリ駆動の機動性を活かし様々な表面粗さ測定の領域が拡大
壁面(垂直面)や上向き等あらゆる姿勢での測定に対応、更にオプションの駆動部用アクセサリーやハイトゲージ用アダプタの併用により様々な姿勢とセッティング測定が可能です。

測定場面により検出器、駆動部、演算指示部を組み合わせ豊富なバリエーションを準備
標準検出器は測定力0.75mNと4mNの2種類より選択可能、駆動部は標準タイプ、検出器退避タイプ、横駆動タイプの3タイプから選択可能で、検出退避タイプは検出器を挿入する時に検出器を傷めないように検出器が常に退避位置で待機、横駆動タイプはクランクシャフトや放電加工などの狭い部位の測定に最適です。

様々な規格に対応
JIS(JIS B 0601-2001、JIS B 0601-1994、JIS B 0601-1982)、VDA、ISO-1997、ANSIの規格に対応、横方向の粗さパラメータや特殊パラメータにも対応しています。

評価曲線等の曲線表示機能付
演算結果表示に加え、区間ごとの演算結果や評価曲線も負荷曲線、振幅分布曲線を表示可能です。

多種なI/Fを標準装備
USB通信機能とSJ通信プログラム*1の併用で測定条件や測定結果を簡単にExcelシートに入力できます。
*1:ミツトヨホームページからダウンロードできます。
[価格と販売見込]
標準価格:標準タイプ 220,000円  検出器退避タイプ 245,000円  横駆動タイプ 320,000円
*標準価格には消費税は含まれておりません。
初年度販売台数見込:1,000台(標準形、退避形、横駆動形の合計で国内販売のみ)
[主な仕様]
測定範囲

X軸(縦方向)/17.5mm(標準形、退避形) 5.6mm(横駆動形)
Z軸(横方向)/360μm(-200μm〜+160μm)
評価曲線

断面曲線、粗さ曲線、DF曲線、粗さモチーフ曲線
解析グラフ

負荷曲線、振幅分布曲線
パラメータ

Ra、Ry、Rz、S、Mr等40種類、カスタマイズ可能
カットオフ値

λc/0.08、0.25、0.8、2.5mm
λs/2.5、8mm
規格

JIS(JIS B 0601-2001、JIS B 0601-1994、JIS B 0601-1982)、VDA、ISO-1997、ANSI
印刷機能

測定条件、演算結果、区間毎の演算結果、測定曲線、負荷曲線、振幅分布曲線、環境設定条件
電源

内蔵バッテリ(Ni-MH充電池)とACアダプタの2電源
外観寸法

演算指示部/52.1(W)×65.8(D)×160(H)mm
駆動部/115(W)×23(D)×26(H)mm
質量

約500g(検出器、駆動部、演算指示部の合計)
*2:特長、機能、仕様等の詳しい内容はカタログNo.4388 サーフテストSJ-210シリーズAdobe Acrobat Readerを参照ください。
[お客様からの問合せ先]
株式会社ミツトヨ 営業本部 営業技術部 電話(044)813-1623 ファクス(044)813-5433
ページを閉じる