インライン対応CNC三次元測定機 MACH-V 9106

最小表示量(mm) : 0.0001 測定範囲 X軸(mm) : 900 測定範囲 Y軸(mm) : 1000 測定範囲 Z軸(mm) : 600
/pim-assets/medias_converted/Highres/Mitutoyo/Media/Image/17_Coordinate Measuring Machines/21_0_MACHV9106_202007_FS_1.psd

*商品の最新の在庫状況・納期は、お取引のある商社様または弊社営業所にご確認ください。

*商品画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。商品詳細は仕様を必ずご確認ください。

パワートレイン生産ラインにおけるゲージ測定に置き換わるフレキシブル計測システムの構築を実現します。

主な特長

  • 生産ラインの専用ゲージ測定に置き換わる、最適なフレキシブル計測システム。
  • 駆動速度だけでなく、加速度(8770 mm/s2)、測定速度(接触する瞬間の速度:20 mm/s)とも、縦形インライン対応では世界トップクラスのCNC三次元測定機です。測定のタクトタイム短縮が要求されるインライン・ラインサイドでの自動測定システムとして、専用機やゲージの代用設備として、トータルコスト削減に貢献します。
  • 加工機間への設置も考慮し、マシンの幅寸法を従来機と比較して15%小さくし、ライン長短縮に貢献します。また、測定エリアを前後左右にオープンにすることで、搬送ルートの自由度向上を実現しました。
  • 三次元測定機としては、幅広い温度環境下(5~35℃)での精度保証を可能にしました。また、リアルタイム温度補正機能と温度補正原点設定機能によって、温度変化にも対応が可能です。
  • 駆動系および測長ユニットを全てマシン上部の防塵ケース内に配置することで、耐防塵性を実現しました。制御装置や演算PCも防塵ラックを装備したタイプとなっています。
  • メンテナンスし易い構造と、エア不使用によるトラブル要因の減少を実現しました。
  • 片側駆動の場合には、高速移動時に駆動側に回転力が発生します。これを防ぐために、MACH-Vでは、センター重心駆動方式を採用、スライダの回転を最小にすることのできる理想的な駆動を実現しています。このため、一般的な三次元測定機よりも、高速での測定においても、最小限の精度劣化に抑えて測定することが可能な構造となっております。

仕様

符号 MACH-V9106
 測定範囲 X軸(mm)
900
 測定範囲 Y軸(mm)
1000
 測定範囲 Z軸(mm)
600
 駆動速度 CNC mode 移動速度(各軸)(mm/s)
8~500
 駆動速度 CNC mode 最大合成速度(mm/s)
866
 駆動速度 CNC mode 測定速度(mm/s)
1~20
 駆動速度 J/S mode 移動速度(mm/s)
0~80
 駆動速度 J/S mode 測定速度(mm/s)
0~3
 駆動速度 J/S mode 微動速度(mm/s)
0.05
 駆動加速度(各軸)(mm/s²)
5063
 駆動加速度(最大合成加速度)(mm/s²)
8770
 最小表示量(mm)
0.0001
 案内方式(各軸)
リニアガイド
 測長ユニット
リニアエンコーダ
 測定物 最大高さ(mm)
800
 測定物 最大積載質量(kg)
150
 本体質量(設置台・コントローラ含む)(kg)
4130

ご購入方法に関するお問合せ

ミツトヨ商品のご購入につきましては、お取引きのある商社様または最寄りの弊社営業所までお問い合わせください。なお、商社様の紹介をご希望の場合も、弊社営業所や海外拠点へご連絡ください。