お知らせ・プレスリリース
ミツトヨレポート
模倣品に対するご注意

お知らせ

2012.10.26

2012年度グッドデザイン賞受賞のお知らせ

株式会社ミツトヨは、公益財団法人日本デザイン振興会(JDP)が主催する「2012年度グッドデザイン賞」において、「ABSボアマチック SBM-CX 」「ABSデジマチックインジケータ ID-Sシリーズ(ID-SS, ID-SX) 」「ファイバスケール FIBER SCALE 」の3商品がグッドデザイン賞を受賞致しました。これにより当社のグッドデザイン賞受賞商品は、1988年の初受賞から通算38点になります。

2012_G_3_web.jpg

ABSボアマチック SBM-CX商品詳細情報Adobe Acrobat Reader
ABSデジマチックインジケータ ID-Sシリーズ(ID-SS, ID-SX) 商品詳細情報Adobe Acrobat Reader
リニアエンコーダ FIBER SCALE商品詳細情報Adobe Acrobat Reader

[受賞商品概要・審査委員による評価コメント]

ABSボアマチック SBM-CX
シリンダボア孔等の各種内径を手軽に精密測定可能なスナップタイプの三点式デジタル表示内径測定器。レバー操作により、確実・スピーディーな測定が行えるため、効率的な測定作業が可能。
〈評価コメント〉
本製品は独自のレバー操作により極めて迅速、簡単に安定性の高い測定結果を得ることができるようデザインされている。
また測定の姿勢に合わせ表示面を回転でき、従来品に対して大型化した表示文字により読み取りがしやすいなど、測定者に対するきめ細かい配慮が高く評価された。

ABSデジマチックインジケータ ID-Sシリーズ(ID-SS, ID-SX)
主に機械加工部品の寸法測定に用いられ、使い易さと高い測定信頼性を低価格で提供するデジタルインジケータ。世界初の環境調和型ソーラタイプID-SS(高効率太陽電池/ 低照度対応)と長電池寿命のID-SX(約5.4 年交換不要)をラインアップ。
〈評価コメント〉
デザインと取付け寸法を統一化し、測定環境に合わせた選択ができるようにした。大きな液晶表示、充実したリフティング機能が使いやすさを高めている。成熟した商品であるが、世界初のソーラー駆動の製品を生み出すなど、意欲的に改良を行っていることが評価された。

リニアエンコーダ FIBER SCALE
工作機械や半導体製造装置の直線移動機構の変位検出 / 位置制御等に使用される高分解能リニアエンコーダ。光ファイバを用いて検出ヘッドと電装部を分離し、発熱や電磁ノイズが無い世界最小の検出ヘッドを実現した。組み込み対象装置に熱やノイズによる影響を与えないため、高精度/ 小型化に寄与できる。
〈評価コメント〉
最も評価したポイントは検出ヘッドと電装部品を分離した点である。その基本構想の効果は、検出ヘッド部の発熱と電磁ノイズの発生を無くし、本製品を組み込む対象装置の性能を低下させることがないこと。同時に検出部の小型化は対象装置の小型化に寄与するなど多くのメリットを生んでいる。外装デザインはあえて主張することのない抑制のきいた生真面目な仕上げで、産業機器としての品位を保っていて良いデザインである。

受賞に関する詳細内容はグッドデザイン賞ウェブサイトをご参照ください。

[グッドデザイン賞(Gマーク)とは]

1Gマーク_赤.jpg

「グッドデザイン賞(Gマーク)」は、総合的デザイン評価・推奨制度で、「外観(美しさ)」だけでなく、「品質の高さ」「使いやすさ」「商品としてのバランスの良さ」が認められたものに授与される賞です。また、「グッドデザイン賞」受賞のシンボルである「Gマーク」は良いデザインを示す象徴として広く一般に親しまれています。