お知らせ・プレスリリース
ミツトヨレポート
模倣品に対するご注意

プレスリリース

2012.04.17

加工現場対応・小形表面粗さ測定機の新標準"サーフテスト SJ-310シリーズ"を発売

 

SJ-310.jpg 

 株式会社ミツトヨ(本社:川崎市高津区、代表取締役社長:中川 徹)は、加工現場で表面粗さの管理が行える小形表面粗さ測定機サーフテストSJシリーズに、操作性の向上、多彩な測定・解析機能と使い易さを兼ね備え、持ち運びが可能なサーフテストSJ-310シリーズを開発、商品化しました。本年4月23日から国内販売を開始、更に海外への販売を順次開始します。
 1998年に現行機種SJ-301の販売を開始、市場で好評を得ましたが、小形表面粗さ機の市場では、加工物の品質管理に加え、適用範囲が多岐にわたり、更なる測定・解析機能の向上が要求されています。また一方で、簡単に測定するための操作性向上と低価格へのニーズが強くあります。
 SJ-310シリーズはこれらのニーズにお応えするため、小形表面粗さ測定機としての基本性能を更に向上しました。現行機種のSJ-301のキャリングケースによる携帯性はそのまま継承し、視認性の良い、タッチパネルの大形カラーLCDを搭載しました。表示言語は16ヵ国語(マルチ言語)に対応し、測定範囲はX軸16.0mm(横駆動タイプは5.6mm) 、検出部360μmの高精度検出器を採用。 また、駆動部は標準駆動タイプ、横駆動タイプ、前退避駆動タイプ、の3タイプを取り揃えています。外部入出力はUSB I/F、ミツトヨ独自のデジマチック出力、RS-232C I/F、フットスイッチ I/Fの4形式、電源は内蔵バッテリ(Ni-MH充電池)とACアダプタの2電源、オプションのSDメモリカードで測定結果や測定条件を大量に保存可能です。現行機種SJ-301との比較で、約1.5倍の印字速度の高品位高速サーマルプリンタ(演算表示部に内蔵)で、ストレスを感じない記録図形等の印刷が可能です。特にタッチパネルの大形カラーグラフィックLCDは5.7インチでバックライトを採用、薄暗い現場での作業の視認性を大幅に向上しています。サーフテストSJ-310シリーズは、年齢や国籍を問わない使う人にやさしいユニバーサルデザインを追及しています。
 尚、本年4月18日よりインテックス大阪にて開催される「INTERMOLD2012 第23回金属加工技術展」(ミツトヨ・ブース 6A号館 小間No.6A-705)に出品します。  

[主な特長] 

演算表示部の大画面による多彩な表示機能
視認性の良い5.7インチカラーグラフィックLCDを搭載、バックライトの採用で視認性と操作性を大幅に向上、合否判定結果もカラー表示、測定結果だけでなく、評価曲線、負荷曲線、振幅分布曲線も鮮明に表示可能です。
簡単で直感的な操作性を実現
演算表示部の5.7インチカラーグラフィックLCDには、画面表示にアイコン表示とテキスト表示の切替が可能で、アイコン表示とタッチパネルとの組合せによる、簡単で直感的な操作性を実現しています。
また、ガイダンス機能によるボタンの詳細説明も表示可能で、ユーザビリティーを兼ね備えた操作性を実現しています。
現場でのデータ収集が容易に行えるデータ保存機能
測定条件を内蔵メモリで最大10件保存でき、ワークに応じた測定条件を一発で読出し可能です。SDメモリカード(オプション)で測定条件(500件)や測定データ(10000件)、画面データ(500件)、テキストデータ(10000件)、他を大量に保存可能で、現場でのデータ収集とドキュメンテーション化に役立ちます。また、メモリカードは、直近10件の測定データを自動保存する便利な機能・トレース10を付属しています。

バッテリ駆動の機動性を活かし、様々な表面粗さ測定の領域を拡大
現行機種のSJ-301と比べて、充電時間を約1/4に短縮、フル充電時には約2.5倍の1500回の測定回数を実現しています。バッテリ駆動の機動性を活かし、壁面(垂直面)や上向き等あらゆる姿勢での測定に対応、更にオプションの駆動部用アクセサリーやハイトゲージ用アダプタの併用により様々な姿勢とセッティング測定が可能です。
測定場面により豊富なバリエーションを取り揃えた検出器と駆動部
検出器の測定力0.75mNと4mNの2種類より選択可能、駆動部は標準駆動タイプ、横駆動タイプ、前退避駆動タイプの3タイプから選択可能で、前退避駆動タイプは検出器を挿入する時に検出器を傷めないように検出器が常に退避位置で待機、横駆動タイプはクランクシャフトや放電加工などの狭い部位の測定に最適です。
表示言語はマルチ言語に対応
表示言語は16ヵ国語のマルチ言語に対応、切り替えが自由自在です。表示言語は、日本、英、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、韓国、中国(簡体、繁体)、チェコ、ポーランド、ハンガリー、トルコ、スウェーデン、オランダの16ヵ国語です。
様々な規格に対応
JIS(JIS B 0601-2001、JIS B  0601-1994、JIS B 0601-1982)、VDA、ISO-1997、ANSIの規格に対応、横方向の粗さパラメータや特殊パラメータにも対応しています。
評価曲線、解析グラフの曲線表示機能付
演算結果表示に加え、区間ごとの演算結果や評価曲線、解析グラフの負荷曲線、振幅分布曲線も表示可能です。

多種なI/Fを標準装備
USB通信機能とSJシリーズ用簡易通信プログラム*1の併用で、測定条件や測定結果を簡単にExcelシートに入力できます。
*1:2012年4月末(予定)より、弊社ホームページからダウンロード(無償)できます。

[価格と販売見込]
標準価格*2:標準駆動タイプ 415,000円  前退避駆動タイプ 450,000円  横駆動タイプ 540,000円
*2標準価格には消費税は含まれておりません。
初年度販売台数見込:3000台(国内販売のみ)
 

[主な仕様]

測定範囲 X軸/16.0mm(標準駆動タイプ、前退避駆動タイプ) 5.6mm(横駆動タイプ)
検出部/360μm(-200μm~+160μm)
評価曲線 断面曲線、粗さ曲線、DF曲線、粗さモチーフ曲線、うねりモチーフ曲線
解析グラフ    負荷曲線、振幅分布曲線 
パラメータ    47種類、カスタマイズ可能 
カットオフ値  :  λc/0.08、0.25、0.8、2.5、8.0mm
λs/2.5、8μm
規格  :  JIS(JIS B 0601-2001、JIS B  0601-1994、JIS B 0601-1982)、VDA、ISO-1997、ANSI 
印刷機能  :  測定条件、演算結果、区間毎の演算結果、公差値、評価曲線、表示曲線、 
振幅分布曲線、環境設定項目
電源  :  内蔵バッテリ(Ni-MH充電池)とACアダプタの2電源 
外観寸法  :  演算指示部/275(W)×198(D)×109(H)mm
駆動部/115(W)×23(D)×26(H)mm(検出器を未装着の場合) 
質量  :  約1.8kg(標準検出器、駆動部、演算表示部の合計) 

*3:特長、機能、仕様等の詳しい内容は、カタログNo.15013 サーフテストSJ-310シリーズiacro.gifを参照ください。

 [お客様からの問合せ先] 
株式会社ミツトヨ 営業本部 営業技術部 電話(044)813-1623 ファクス(044)813-5433