MITUTOYO Japan
2010.10.12
小形表面粗さ測定機「サーフテスト SJ-210」が2010年度グッドデザイン賞を受賞
財団法人日本産業デザイン振興会(JIDPO)が主催する「2010年度グッドデザイン賞」において、当社の「サーフテスト SJ-210」がグッドデザイン賞を受賞致しました。これにより当社のグッドデザイン賞受賞商品は、1988年の初受賞から通算34点目になります。

小形表面粗さ測定機 サーフテスト SJ-210 商品詳細情報Adobe Acrobat Reader

[審査委員会評価コメント]

2010年度グッドデザイン賞審査委員会より「サーフテスト SJ-210」に対し次のような評価コメントを頂きました。
「表面粗さ測定機としての性能に加え、薄暗い現場でも作業可能なバックライト付きカラー液晶による視認性向上、簡便な操作性を実現するGUIデザイン、使用頻度の低いキーはスライドカバー内に配置することによる誤動作防止などの使いやすさを、測定機としての精度、信頼性を表現する直線を主体とするデザインにまとめている。」

受賞に関する詳細内容はグッドデザイン賞ウェブサイトをご参照ください。

[商品概要]

「サーフテスト SJ-210」は加工現場で表面粗さの管理が行えるハンディタイプの表面粗さ測定機です。多岐に渡る測定用途・要求に応えるため、表面粗さ測定機としての基本性能を更に向上させました。豊富な検出器&駆動部と演算表示部の組合せで様々な測定シーンに対応いたします。カラー液晶&GUI採用による操作性向上、多彩な解析とデータ保存機能の強化、16ヶ国語対応等コンパクトなボディに充実の機能を凝縮しました。(数多くの特許・意匠を申請済です)

[デザインのポイント]

壁面や上向き測定などの多様な使用条件に対応するため、特に「操作のしやすさ」に加え「スマートさ」と「確実なホールディング」を実現する造形上の配慮を加えました。その結果、ハンディタイプ測定機として、よりシンプルかつ洗練された形状を実現しました。また、カラー液晶の優位性を最大限に活かすことで、視認性・操作性を大幅に向上させ、ユーザーにとっての使い易さを第一に考えた GUI デザインを構築しました。

[グッドデザイン賞(Gマーク)とは]

グッドデザイン賞(Gマーク)
「グッドデザイン賞(Gマーク)」は、総合的デザイン評価・推奨制度で、「外観(美しさ)」だけでなく、「品質の高さ」「使いやすさ」「商品としてのバランスの良さ」を認められたものに授与される賞です。また、「グッドデザイン賞」受賞のシンボルである「Gマーク」は良いデザインを示す象徴として広く一般に親しまれています。
ページを閉じる