MITUTOYO Japan
プレスリリース
2008.5.7

低価格で簡単操作の計測データワイヤレス通信システム “U-WAVE ユーウェーブ”を発売


 株式会社ミツトヨ(本社:川崎市高津区 代表取締役社長:坂本 仁)は、ミツトヨのデジマチック出力付き測定器からの出力データをワイヤレス通信でWindowsパソコン上のExcel※1やメモ帳などに簡単な操作で取込むことができ、コードレスによる測定作業性の飛躍的向上と低価格を実現した計測データワイヤレス通信システム“U-WAVE ユーウェーブ”(以下、U-WAVE)を開発、商品化、4月21日から国内販売を開始しました。

1992年に計測データワイヤレス通信システム“μ-WAVE ミューウェーブ” (以下、μ-WAVE)を開発、商品化、販売を開始、市場で好評を得ましたが、近年、無線によるデータ送受信に対する不安感の解消、水や油など現場環境への対応、パソコンへのデータの取り込み易さ、メンテナンス性の向上、有線システムに比べ高価なことなどが課題となっておりました。これらの課題を解決するため様々な機能向上を図るとともに、お求め安くするための大幅なコストダウン(μ-WAVEと比べシステム価格で約60%ダウン)を実現したU-WAVEを開発、商品化しました。

U-WAVEは「U-WAVE-T(IP67タイプとブザータイプの2機種)」と、U-WAVE-Tと測定器を接続する「専用の接続ケーブル(測定器のコネクタ形状に合わせて7種)」、「U-WAVE-R」の3点から構成されています。U-WAVE-Tは専用のケーブルで接続した測定器のデータをU-WAVE-Rに送信し、U-WAVE-RはU-WAVE-Tから受信したデータをUSB経由でパソコンに取込みます。U-WAVE-Rに付属する設定ソフト「U-WAVEPAK」のデータインターフェース機能を起動するだけの簡単な操作で、受信したデータをキーボード入力データに変換して、Windows上のソフト(Excel、メモ帳など)のアクティブなキー入力位置にデータを入力できます。

無線システムを検討する際に「正しくデータが着信しているか」、「無線LANなどの他の無線通信機器がある環境で使えるか」、「どのくらいの距離までデータが届くのか」、「何台の測定器が使えるのか」、「複数のU-WAVE-R使用時にデータが混信しないか」・・・といった不安や疑問がつきまとうものですが、U-WAVEではこれらの不安を解消し安心してお使いいただけるような以下の機能を盛込んでいます。

データ着信確認・・・U-WAVE-TにLED、ブザーを付けU-WAVE-Rにデータが正常に着信したかどうかを目と耳で確認できるようにしました。(ブザーはブザータイプのみ)

他の無線通信装置との電波干渉回避・・・使用できる周波数が15chあり、ノイズサーチ機能により使用する環境の電波の状況をチェックしてノイズの少ない周波数を選んで使うことにより電波障害を回避できます。

無線通信距離の向上・・・従来機種μ‐WAVEの2倍の約20m(見通せる環境)の無線通信距離を実現し、手元での着信確認機能(LED、ブザー)と合わせて安心してお使いいただけます。

使用可能な測定器の数の拡大と混信対策・・・同一通信圏内で複数のU-WAVE-Rを使用する際に、U-WAVE-R 1台ごとにU-WAVE-Tを最大100台まで(双方に00〜99のID設定)登録でき、送信データには4桁のIDが付加されるので、どのU-WAVE-Rに属する どのU-WAVE-Tからのデータなのかを区別することができ、間違ったデータを取込んでしまう事はありません。また有線システムと比較して、ケーブル接続せずにU-WAVE-Tを追加できるので測定器の増設が簡単に行えます。
また、U-WAVE-T(IP67タイプ)は異物と水の浸入に対する保護等級を規格化しているIEC規格(IEC 60529)に準じIP67に対応し、代表的な測定工具のひとつ ABSクーラントプルーフキャリパ、クーラントプルーフマイクロメータ等との組合せにより、加工現場など悪環境でのデータ収集を可能にします。

メンテナンス面では、U-WAVE-Tはリチウム電池CR2032(1個)を使用しているため電池交換が必要ですが、低消費電力の無線通信規格に対応した無線ICの採用により、約40万回のデータ送信が可能で、μ-WAVEに比較して約2.4倍の電池寿命を実現し、電池交換のわずらわしさを軽減しました。また、U-WAVE-Tは、ケーブル一体形であったμ-WAVEに比べ、ケーブルがセパレートなのでケーブルが破損した際の修理時に簡単に交換できます。

更に、別売の統計的工程管理や検査表作成を行う品質管理ソフトウェアと組合せて使うことにより、U-WAVEの機能を活かした作業効率の良い測定システムをご提供できます。品質管理ソフトウェアには、合否判定や工程能力、Xbar-R管理図、ヒストグラム等の各種統計処理結果をリアルタイムに画面表示ができる統計的工程管理プログラム「MeasurLink」、Excel※1で作成した検査フォーマットを使用して検査表を作成・印刷・保存ができる検査表作成プログラム「MeasureReport」等を取り揃えています。これらのソフトの最新版ではU-WAVEから取込んだデータのキャンセル機能(データスイッチの長押し)や、IDによる入力する測定項目への振分け取込みに対応しています。

海外への展開については、μ‐WAVEは日本と米国のみの販売でしたが、U-WAVEでは2.4GHz帯(ISM帯:世界共通周波数)を使用した通信方式を採用し、まずは日本、更に欧州、北米への販売を順次開始し、市場の動向を見極めながら他地域への展開を図る予定です。

従来の検査室、測定現場での使用に加え、ワイヤレス通信の特長を活かした製造ラインへの導入、また、防水・防塵機能によるクーラントタイプの測定器との組合せで、機械加工、アッセンブリ現場での悪環境での測定分野を切開く新商品です。

※1
ExcelはMicrosoft社の登録商標です。

[価格と販売見込]

標準価格:
U-WAVE-T 16,600円
U-WAVE-R 38,000円
専用の接続ケーブル 4,400円 5,200円(接続する測定機器により異なる)
*2 : 標準価格には消費税は含まれておりません。
初年度販売個数見込: 2,600個 (U-WAVE-TとU-WAVE-Rの国内販売合計個数)

[主な特長]


従来機種のμ-WAVEと比べシステム価格で約60%の大幅なコストダウンを実現

キーボード入力可能なソフト(Excelやメモ帳など)へデータの取り込みが可能

U-WAVE-Tは市販のリチウム電池(CR2032 1個)でデータ送信回数は約40万回

U-WAVE-T(IP67タイプ)は異物と水の浸入に対する保護等級IP67を実現

U-WAVE-TはLEDとブザー音(プザータイプのみ)で着信確認

1台のU-WAVE-Rに最大100台までのU-WAVE-Tの登録が可能

見通せる環境で約20mの無線通信距離を実現

U-WAVE-RはUSBバスパワーによりパソコンからの電源で動作

[無線通信仕様]

適合規格

ARIB STD-T66(日本)
(本製品は欧州での無線認証も取得しておりEU加盟国での使用が可能)
無線規格

IEEE802.15.4準拠
無線通信距離

約20m(見通せる環境)
無線通信速度

250kbps
送信出力

1mW(0dBm)以下
変調方式

DS-SS(直接スペクトラム拡張) 妨害波や雑音の影響を受けにくい方式
通信周波数

2.4GHz(ISM帯 : 世界共通周波数)
使用バンド

15ch(2.405〜2.475GHz・・5MHz間隔) ノイズサーチ機能により他の無線通信機器と干渉回避可能

[お客様からの問合せ先]

株式会社ミツトヨ 営業本部 測定工具ご相談窓口  電話(044)822-5151 ファクス(044)813-1691
ページを閉じる