2004.10.28
高精度、高分解能化と更なる機能拡充を実現した高性能
デジマチックインジケータ“ID−H”を発売

ID-H
ID-H0560
 株式会社ミツトヨ(本社:川崎市高津区、代表取締役社長:手塚和作)は、新世代のデジタルインジケータに要求される精度・機能に、充分対応できる高性能インジケータ“ID-H”を開発し、商品化しました。本製品は2004年11月1日より東京ビッグサイトにて開催される「第22回日本国際工作機械見本市JIMTOF2004」(ミツトヨブース:西3ホール4階 小間No.W3022)に出品し、12月21日より販売を開始します。

 自動車、電気、電子工業等あらゆる製造業では、分野を問わずグローバルな世界市場での競争力向上が求められ、特長あるモノ造りと、たゆまぬ技術革新が展開されています。そして、そのモノ造りの品質を支える部品や製品の精密測定には、今まで以上の高精度化が求められています。高性能デジマチックインジケータ“ID-H”は、これら市場の要求する高精度測定に、充分に対応できるサブミクロンオーダの分解能を有し、精度は、ストローク30mm機種で1.5μm、ストローク60mm機種で2.5μmと世界トップクラスを実現したデジタルインジケータです。
 一方、多様化する測定のニーズにも充分対応できるよう他社が追従できない豊富な機能を搭載しました。連続して変化する測定値の最大値、最小値、振れ幅(最大値−最小値)を自動的に検出するピークホールド機能や、設定した部品公差の上下限値に対する公差判定機能は部品検査の効率化に有効に利用できます。さらに従来より定評のあるバックライト付きディスプレイは、超大型の42×43.5mmサイズ液晶を採用し、他社にない優れた視認性を実現しています。また、オプションのリモートコントローラを利用することでゼロセットやプリセットなどの操作を測定器本体に触れることなく操作できるので、より安定した高精度測定を高い操作性と共に実現することが可能です。合せて外部操作機能を拡張するRS-232通信機能への対応や、設定した各種機能を誤操作で変更しないように設定状態をロックする機能を備えるなど、細かな点にも顧客ニーズを反映させ、使い易さをどこまでも追求した高性能デジマチックインジケータです。

[価格と販売見込]
標準価格(標準構成の場合):ID-H0530 53,500円  ID-H0560 63,500円
初年度販売台数見込:3,000台

[主な特長]
(1)
デジマチックインジケータで世界トップクラスの精度を実現

1.5μm(ストローク30mm機種)、2.5μm(ストローク60mm機種)
(2)
優れた視認性を実現する超大型ディスプレイを採用

バックライト付き大型液晶
 42×43.5mm(従来比 1.56倍)

表示文字高さ
 9.5mmのデカ文字

アナログバー表示付き
 レンジ ±0.01mm〜±80mmの切換え可能
(3)
多彩な外部入出力機能に対応

RS-232通信を利用してパソコンからの操作が可能

オプションのリモコンでゼロセット、プリセットなどの遠隔操作が可能

[主な仕様]
  ID-H0530 ID-H0560
測定範囲 30.4mm 60.9mm
最小表示量 0.0005mm / 0.001mm(切換え)
指示精度(20°C) 0.0015mm 0.0025mm
量子化誤差 ±1カウント
測定力 2.0N以下 2.5N以下
使用可能方向 スピンドル垂直方向から水平方向まで
位置検出方式 光電式反射形リニヤエンコーダ
応答速度 1000mm/sec
表示 7桁LCD、符号、アナログバー、2色バックライト付き
測定子 球面R=1.5mm(超硬合金)
使用温度範囲 0℃〜40℃
保存温度範囲 -10℃〜60℃
本体質量 290g 305g
電源 100V 50/60Hz ACアダプタ(6V 1A)使用

[お客様からの問合せ先]
株式会社ミツトヨ 営業推進グループ
スモールツール担当 電話(044)813-5410 ファクス(044)813-5433


[ページを閉じる]