TAGLENSで焦点深度を大幅に拡張。検査時間短縮で生産性が向上!

アプリケーション 焦点距離可変レンズ TAGLENS
ケーブル絶縁体内部の異物検査を、検査対象物を細かく分割して目視でおこなっていたため時間がかかっていました。焦点深度の深いTAGLENSを使用することにより、一度に多くの検査が可能になり、検査時間が大幅に短縮しました。
  • 従来の課題

    • 焦点深度の浅い光学系しか無く、検査完了まで時間がかかった
  • ミツトヨの解決提案

    • 焦点深度を拡張することができるため、ピント調節不要で2次元位置を捉え、検査効率が向上
  • 期待される効果

    • 約20倍に拡張された焦点深度により、混入位置の異なる異物の全てにピントが合い、半自動化された画像検査で検査時間を大幅に短縮
    • パルス照明ユニットとの組み合わせにより、異物を3次元で捉えて簡易測定することも可能  ※可視域のみ

従来の光学系にTAGLENSを組み合わせることで、異物検査時間を大幅に短縮

ケーブルの絶縁体部分(白い部分)の異物検査では従来、異物やクラックがないかの検査を目視で行っておりました。

解決ポイント

TAGLENSを使用することでピント合わせの作業が簡単になり、検査の半自動化が可能となりました。

異物がどのように見えるかのイメージ

ワークの中に異物やクラックがないか、一目で確認することが可能です。

お問合せ

掲載記事に関するご質問や関連する商品・ソリューションの導入のご相談などがございましたら、以下よりお気軽にお問い合わせください。

その他の解決提案・アプリケーション

てこ式ダイヤルゲージ(テストインジケータ)の測定誤差要因を排除

てこ式のダイヤルゲージから直動式のレバー測定子形ID(デジマチックインジケータ)に変更して誤差要因を排除する。

レバー測定子形ID(デジマチックインジケータ)での自由な測定姿勢と測定子の角度誤差の排除を両立

330度の表示部回転機能を実装し、どのような姿勢でも測定可能。また、アナログ式のてこ式ダイヤルゲージ特有の測定子の角度誤差を排除し、測定子の角度を気にせずセッティング可能になりました。

インライン対応CNC三次元測定機で、生産現場の高効率測定を実現!

製造現場に対応したCNC三次元測定機を導入することで、ゲージによる手動測定から脱却できます。

ベアリングの寸法測定の平準化、効率化を実現

アナログ方式の測定をFTA-C4000により自動化し、測定レベルの平準化を実現。2台必要だった外径・内径測定が1台ででき、測定値のデジタル管理も可能になります。

プレス加工品の寸法測定を誰でも素早く高精度に!

MFシリーズと画像ユニットにより、非接触での高精度な形状測定が誰でも簡単にできる。

測定不良を無くし、モーターコアに組み付けられたヘアピンの安定した測定を実現

測定物の光沢による測定不良がなくなり、安定した高精度測定を実現。