計測用X線CTシステム XDimensus™ 300

製品画像1

*商品画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。商品詳細は仕様を必ずご確認ください。

複雑形状や内部形状、異物・空隙・欠陥を非破壊で高精度に検査できる

分析・計測機器・産業機器大手メーカーである島津製作所とミツトヨが販売提携することで、計測用X線CTシステムとして国内最高レベルの計測精度を実現する「XDimensus 300」(エックスディメンサス300)が、ミツトヨの取り扱い商品ラインナップに加わりました。

ミツトヨが得意とする三次元測定機等による外部形状の測定と補完し合うことで、多様な対象物の内外形状の測定にフルラインナップで対応し、お客様の「はかる」に関わる、より多様なニーズにお応えします。

*XDimensusは、株式会社島津製作所の商標です

商品紹介動画

計測用X線CTシステム XDimensus 300 紹介動画

主な特長

  • 高い寸法精度の非破壊測定を実現クラス最高レベルの球間距離測定誤差± (3.8 + L / 50) µm、国内最高水準の精度で非破壊測定ができます。*L = 測定長さ。L = 100 mmの場合、5.8 µm以内の誤差となります。
  • コンパクトな筐体で、大きな測定サイズを実現幅2.2 m × 高さ1.6 mの筐体で、直径Φ300 mmの撮影が可能です。
  • すぐに測定可能かつ、誰にでもカンタン操作撮影前の校正作業が不要、ワークセット後すぐに撮影できます。
  • 安心・確実な運用を支える支援機能X線ターゲットの劣化監視やX線自動調整機能、始業点検ウィザードが日々の運用を支援します。
  • ミツトヨの豊富な精密測定機器ソリューションとの相乗効果対象物の内外形状の測定に必要な商品群をミツトヨを通じて揃えられ、サービス窓口も一本化できます。

ソフトウェア

金属アーチファクト低減ソフトウェア

金属アーチファクト低減ソフトウェア

本ソフトウェアは、XDimensus 300にて撮影した断面画像の金属アーチファクトを低減させる再構成演算ソフトウェアです。金属アーチファクトを低減した断面画像にて構造解析や内部観察が可能です。

三次元画像処理ソフトウェア<br>VGStudio MAX+座標計測モジュール(ボリュームグラフィックス社)

三次元画像処理ソフトウェア
VGStudio MAX+座標計測モジュール(ボリュームグラフィックス社)

VGStudio MAX(ブイジースタジオマックス)は、CT撮影で得られたボリュームデータを用い、ボリュームレンダリングにより三次元的に表示するソフトウェアです。座標計測モジュールを追加することで、高度な座標計測ができます。座標計測モジュールには標準の境界面の定義方法よりも、より正確で信頼性の高い境界面を定義するための局所定義による面定義機能も含まれています。

ポリゴンデータ編集ソフトウェア<br>POLYGONALmeister(日本ユニシス・エクセリューション社)

ポリゴンデータ編集ソフトウェア
POLYGONALmeister(日本ユニシス・エクセリューション社)

POLYGONALmeister(ポリゴナルマイスター)は、ノイズやアーチファクトなど計測物の表面のポリゴンデータが持つさまざまな問題の解決や、データ軽量化を行うポリゴン編集処理ソフトウェアです。設計/解析/3Dプリントなどで計測データを利用する際に有効です。

*VGSTUDIO MAXおよびVGSTUDIOは、Volume Graphics GmbHの商標です。

*POLYGONALmeister は、日本ユニシス・エクセリューションズ株式会社の登録商標です。

アプリケーション

三次元寸法測定

アルミダイカスト:三次元寸法測定、内部欠陥解析、3D-CADデータとの形状比較評価例

計測用X線CTは1回の撮影で測定物全体を捉えることができ、一般的なCMMと比べ測定工数の短縮が見込めます。測定においては、抽出した三次元サーフェスに幾何要素をフィッティングして測定を実施するため、一般的な接触式CMMに比べフィット点が多く、表面の一部の特異的な形状変化に左右されずに測定を行うことが可能です。また、内部欠陥解析、設計値(3D-CAD)との形状比較も可能です。

CTデータ同士の形状比較測定

樹脂製コネクタ:CTデータ同士の形状比較評価例

計測用X線CTによる測定ではワークの色に左右されることはありません。ワークが光沢をもつものや透明物、乳白色であっても寸法測定が可能です。
形状比較測定においてはCTデータ同士の比較も可能。ベストフィットや幾何要素を基準とした位置合わせを行い、形状の偏差をカラーマップで表現することができるため、多数個取りの射出成型金型における各成形品の形状比較評価や金型の経年劣化評価での利用も期待できます。

測定データはCSVファイルへ出力も可能

3D-CAD(PMI付)を用いた三次元測定例

計測用X線CTの寸法測定に3D-CADデータのPMIを用いることで、計測マクロ作成の短時間化、数百におよぶ製品の内外の寸法測定を短時間で行うことが可能です。製品の品質管理における測定工数の短縮を実現します。

*PMIの読み込みにはVGStudio MAX CADインポートPMIモジュールが必要です。

商品の導入に関するお問合せ

計測用X線CTシステム XDimensus 300に関する詳しい情報をご希望の方は、オンラインまたはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

  • 詳細な仕様・
    データ
  • デモ・実機評価の相談
  • 導入支援の相談
  • 価格確認
  • 納期確認
  • その他ご要望

オンラインでのお問合せ

お問合せフォーム

計測用X線CTシステム

営業技術部

044-813-1623

受付時間:8:30~12:00、13:00~17:15
(土日祝、年末年始・夏季休業期間等の会社休業日は除く)