お知らせ・プレスリリース
ミツトヨレポート
模倣品に対するご注意

重要なお知らせ

2016.05.16

リニヤスケール表示ユニット KA-200カウンタの不具合について

 日頃より、ミツトヨ製品をご愛顧賜り厚く御礼申し上げます。
この度、2015年4月より販売いたしましたリニヤスケール表示ユニットKA-200カウンタにおいて、ソフトウェアの一部に不具合があることが判明致しました。 誠に申し訳御座いませんが、下記の機能をご使用のお客様は、直ちに本機能のご使用を控えていただきますようお願い申し上げます
 ご使用されているお客様においては、ご迷惑お掛けいたしますことをお詫びいたしますと共に、ご理解とご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。 

記 

■対象商品
リニヤスケール表示ユニット KA-200カウンタ 

製品名 KA-212(2軸)
ka-212_3_web.jpg
KA-213(3軸)
ka-213_3_web.jpg

 

code_3_web.jpg

コードNo. 174-183  174-185  製品名、コードNo.は
製品裏面の銘板をご確認ください。 
174-183A  174-185A
174-183B  174-185B
174-183D 174-185D
174-183DC 174-185DC
174-183E 174-185E
174-183KC 174-185KC


■不具合内容
下記の機能をご使用のお客様は、直ちに本機能のご使用を控えていただきますようお願い申し上げます
以下の不具合は、出荷時の設定「標準カウンタ設定」である【ミル加工モード】で発生します。
「旋盤カウンタ設定」である【旋盤加工モード】では発生いたしません。

(1)ボルトサークル機能の不具合
本機能は、主にフライス盤で使用される機能であり、円の中心位置から「直径」「分割数」「オフセット角度」を設定することにより円周上の穴位置を計算し、各加工点の目標値を表示する機能です。
本機能において、「オフセット角度」の入力で少数点以下を含む数値を入力した場合、小数点以下の数値が加味されないオフセット角度で演算し目標値を表示してしまいます。
この目標値で加工・測定を行った場合、加工不具合および誤った測定結果となる可能性があります
(小数点以下を含まない整数を入力した際は、本不具合は発生しません)

不具合の対象 Serial No, 000001~

 

【入力例】

設定項目 設定
直径(d) 200mm
分割数(n) 8分割
オフセット角度(Ang) 22.5°

【加工・測定例】
example3_web.jpg

 ka_web_2.jpgボルトサークルキー

(2)プリセット機能の不具合
表示設定が、分解能1μm以下のパラメータ設定時において「プリセット」を入力し設定した際、最小桁分(分解能1μmの場合1μm)が減算表示される場合がある。
(表示設定が分解能5μmの場合では、本不具合は発生しません)
例 : 入力値55.000 ⇒ プリセット値54.999

本不具合は、特定の製造ロットから発生する不具合となります。
不具合対象品の確認方法は、製品裏面の銘板に記載されております「Serial No,」を確認願います。

製品名 KA-212(2軸) KA-213(3軸)
対象 Serial No. 1004393~ 100111~
serial_web.jpg

■対応内容
弊社よりお客様へ訪問し、ソフトウェアのアップデートを実施いたします。 (作業時間目安 : 約60分)
なお、訪問に際してはお客様へご連絡させていただき、日程を調整させていただきます。
お客様で設定されたパラメータ等については作業が終了した際、再度、設定していただくこととなりますので予めご了承をお願い申し上げます。

■お問い合わせ
ご不明な点につきましては最寄りの営業所までご連絡をお願い申し上げます。
弊社営業所URL:http://www.mitutoyo.co.jp/corporate/network/domestic/list.html#sale