お知らせ・プレスリリース
ミツトヨレポート
模倣品に対するご注意

プレスリリース

2014.10.15

自動測定プログラム生成ソフトウェアMiCAT Planner
― ワンクリック・プログラミングが、人と精密測定の関係を変える ―

 

MiCAT_Web.jpg 

株式会社ミツトヨ(本社:川崎市高津区、代表取締役社長:中川 徹)は、1986年日本初のXY自在測定機を開発して、常に時代の最先端を行く三次元測定機の製造・販売を行っております。また、三次元測定機の本体だけでなく、ユーザニーズにマッチをした高性能の三次元測定機専用のソフトウェアの開発・販売を行い、世界から高い評価をいただいております。
近年、測定業務において、多くの測定プログラミングが必要になっています。品質管理の重要性が高まり、多種多様なものを測定していること、製品サイクルが早まっていることが大きな要因です。それに伴い、プログラム作業工数の増大、作業者による測定プログラムの差異、熟練度による非効率なプログラム作成など多くの問題が発生しております。これらの課題を解決するため、株式会社ミツトヨでは設計図の3D単独化への流れに着眼し、3D CADとPMI(製品製造情報)を利用した、ワンクリックでの測定プログラム自動生成を可能にするソフトウェア「MiCAT Planner」の開発を行ってきました。MiCAT Plannerでの測定プログラム生成は、汎用ソフトでの測定プログラミング作成と比較した場合に、最大95%削減が可能であり、測定業務の大幅な効率化が可能です。
日々進化するものづくりの未来へ、ミツトヨは精密測定で社会に貢献しています。

[特長] 

(1)

プログラム自動生成機能
PMI(製品製造情報)付きの3Dモデルが持つ公差情報をソフトウェアが読みとり測定個所を判断し、測定プログラムを全自動で生成します。

(2)

最適化機能
最小プローブ姿勢変更回数やツールチェンジャ回数、最短の測定経路をソフトウェアが判断し、最短時間で測定可能なプログラムを生成します。

(3)

ルール設定機能
ルールエディタ機能を用いて測定ルールを設定することにより、プログラム作成者毎の測定品質のばらつきを防ぐことが出来ます。

(4)

公差情報付加機能
PMI(製品製造情報)なしの3Dモデルの場合でも、ソフトウェア上で公差情報を付加することが可能です。

[主な仕様]

CADデータの入力
MCOSMOS内で定義されたCMMシステム構成情報の読込み
測定ルールの作成と編集 
CADデータへのGD&T(公差情報)追加 
各パラメータの設定(移動スピード、測定スピード、干渉チェック用、etc.) 
測定点や測定パスを確認できる強力な 3Dビュー 
自動測定プログラム生成 
MCOSMOS用パートプログラムへの変換 

[販売見込]
発売時期 : 2014年11月より受注開始
システム標準価格*1 : ¥6,000,000 前後を想定*2
*1標準価格には消費税は含まれておりません。
*2 MCOSMOS等を含めたシステム価格
初年度販売台数見込み : 70本(国内販売のみの場合) 

[お客様からの問合せ先] 
株式会社ミツトヨ 国内営業推進部 電話(044)813-5410 ファクス(044)813-5433