MITUTOYO Japan
お知らせ
2006.10.13

このたびの外国為替及び外国貿易法違反の件につきまして

 先般、外国為替及び外国貿易法違反の容疑で弊社前社長手塚和作ほか前役員3名が起訴・再逮捕されると共に、弊社が法人として書類送検されました。
 上記4名が捜査段階で被疑事実を認めており、弊社自らも被疑事実にある法令違反行為が行なわれていたことを確認いたしました。
 世界を市場に製品・サービスを提供する弊社においては、世界の平和と安全への貢献及び時代が求める企業の社会的責任を自覚し、活動する必要があったにもかかわらず、会社として遵法意識が希薄であったと深く反省しております。輸出管理体制が十分機能せず、三次元測定機のうち、本来外為法輸出規制該当品として許可を得た上で輸出されるべき機種について、弊社幹部の関与の下に、長期にわたり規制非該当品として輸出するという法令違反行為が行われたことは、誠に申し訳なく、深く反省しております。
 お客様をはじめお取引先ほか多くの方々の信頼を損なうと共に、多大なご迷惑をおかけしていることについて深くお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。
 弊社といたしましては、社会的責任の重さに鑑み、今回の事態を厳粛に受け止め、捜査に全面的に協力すると共に、公判においては公訴事実を争うことなく、早期の再生を目指すことといたしました。
 弊社は、こうした法令違反行為の再発を防ぎ、新たなる経営体制の下「厳格なる遵法経営」による再生を目指すために、社外の有識者による経営諮問委員会の設置、輸出管理業務の見直し、内部統制の確立等の改革に着手いたしました。
 今後は、関係官庁各位のご指導も得て、これらの取り組みを全社一丸となって推進し、お客様はじめ多くの方々の信頼を一日も早く回復できるよう努めてまいります。
 社会をお騒がせしましたこと、多くの方々にご迷惑をおかけしておりますことを改めて深くお詫び申し上げます。

2006年10月13日
株式会社ミツトヨ
代表取締役会長兼社長
沼田 智秀
ページを閉じる