2002.1.7
【2002年 年頭所感】
精密測定技術の革新を通じて産業界の発展に寄与
株式会社 ミツトヨ
  代表取締役社長 手塚 和作
 新春を寿ぎ、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
 日本経済は、昨年来の米国経済の減速を受け、輸出や生産が大幅に減少、また、企業収益、設備投資も減少し、業況は製造業を中心に悪化しております。更に先般の米国中枢同時テロ以降、世界経済のより一層の減速が鮮明になり、併せて、世界の工場と言われるまでになった中国の台頭で、国内製造業の空洞化が一層進むなど、問題は山積しております。
 こうした業況下においてこそ、精密測定機器業界をはじめ、世界に冠たる日本の製造業は、その底力を如何なく発揮すべく、事業の選択と集中の徹底、固定費削減などの抜本的な事業構造改革を推進し、経営環境の激変に対処するスピードを加速させていかなければなりません。
 あらゆる産業、とりわけ製造業の基盤技術である精密測定技術は、常に技術革新の基幹を担ってきたことへの責任を自負するとともに、独自に開発してきた技術を活用し、最先端の精密測定技術で、高精度化・高速化・省力化といった市場のニ−ズに即応すべく、引き続き技術開発力の強化を図り、より付加価値の高い商品をスピーディに市場に提供してまいります。
 新しい年を迎え、今後の超精密測定分野の更なる技術革新にご期待頂くとともに、「モノづくり」を通じて、豊かな社会づくりに貢献し、引き続き愛される商品を提供することで、世界の製造業先進国としての日本経済の復活、そして永続的な繁栄に、より一層寄与すべく、全力を尽くして参りますので、なお一層のご支援・ご鞭撻を賜ります様、お願い申し上げます。
 最後に、本年も皆様にとりまして、ご健勝で、益々ご発展の年となります様、心から祈念申し上げます。


[ページを閉じる]