2001.5.31
測定顕微鏡/ユニバーサル測定顕微鏡"MF-A/MF-UAシリーズ"を発売
株式会社ミツトヨは、フレアの削減により鮮やかな観察像が得られ、操作性も大幅に向上させた測定顕微鏡"MF-A/MF-UAシリーズ"を開発、小物から大物部品まで測定可能となる豊富なサイズバリエーションを整え、6月6日よりパシフィコ横浜にて開催される「光ナノテクフェア2001」に出品するとともに6月21日より販売を開始します。

ミツトヨは、1997年に測定顕微鏡"MFシリーズ"を商品化し、光学測定機メーカとしての地位を確立してきましたが、さらなる市場の拡大を目指し、電子・半導体、IT関連業界はもちろん、自動車業界を中心にした機械加工分野など幅広い業界をターゲットにした新測定顕微鏡"MF-A/MF-UAシリーズ"を開発しました。
"MF-A/MF-UAシリーズ"は、長年レンズメーカとして培った技術を駆使して光学系内のフレアを従来比50%にまで削減し鮮やかな観察像が得られると同時に、ユーザニーズを取り入れた測定テーブルの送り機構やZ軸フォーカスハンドルなど細部にわたって見直すことで大幅に操作性を向上させています。測定範囲では50×50mm(X軸×Y軸)から、このクラス最大となる300×170mmまで4サイズを用意し、小物から大物部品まで幅広く対応しています。また、LED照明装置や微動付回転テーブルなど豊富なアプリケーションが用意され、更にCCDカメラを用いた画像測定機にグレードアップする"画像ユニット"が装着でき、より効率的な画像測定も可能となっています。
標準価格は、最大の測定テーブルを搭載したMF-A1730シリーズで250万円からを予定、初年度の販売台数はシリーズ全体で1200台を見込んでいます。

[主な特長]

(1) フレアの少ない鮮やかな正立像広視野観察
◇長年培ってきた光学技術を駆使して光学系内のフレアを極限まで削減した(当社従来比50%削減)鮮明な観察像。

(2) クラス最高の測定範囲
◇MF-A/MF-UA1730シリーズは、このクラスでは最大の測定範囲(X軸300mm、Y軸170mm、Z軸220mm)を実現。

(3) 操作性の向上
◇測定テーブルは新開発のクリックリリース機構を採用し、広範囲移動から微動操作まで全く手を離すことなく操作でき、カウンタゼロスイッチもXY軸ハンドル近くに配置することにより無駄な手の動きを排除。
◇長作動距離対物レンズを使用し段差のある測定物にも対応。MF-UAシリーズは、プランアポクロマート仕様のFS対物レンズを搭載。
◇人間工学に基づき両側(MF-A)Z軸フォーカスハンドルをアイポイントより320mmの位置に配置、楽な姿勢での操作が可能。

(4) 画像ユニット(オプション)装着可能
◇画像ユニット(オプション)を装着することによる一歩先を行く効率的画像測定が可能。


[主な仕様]

MF-Aシリーズ

MF-A505シリーズ

MF-A1010シリーズ

MF-A1720シリーズ

MF-A1730シリーズ

光学系

有限遠収差補正

鏡筒

単眼/正立三眼選択、レチクル投影方式、TV写真ポート標準装備、ライトバランスフィルタ付属

接眼レンズ

10×(視野数24)、15×、20×

対物レンズ

3×(標準付属)、1×、5×、10×、20×、50×、100×

ステージストローク

50×50mm

100×100mm

200×170mm

300×170mm

最大測定高さ

150mm

220mm

MF-UAシリーズ

MF-UA505シリーズ

MF-UA1010シリーズ

MF-UA1720シリーズ

MF-UA1730シリーズ

光学系

無限遠収差補正

鏡筒

正立三眼、シーデントップ型、眼幅調整51〜76mm、双眼付き、TV写真ポート標準装備

接眼レンズ

10×(視野数24、標準付属)、15×、20×

対物レンズ

明視野、明暗視野レンズ選択可(本体も選択)

ステージストローク

50×50mm

100×100mm

200×170mm

300×170mm

最大測定高さ

150mm

220mm

 


[お客様からの問合せ先]

株式会社ミツトヨ  機器営業グループ 光学担当  電話(044)822-1429 ファクス(044)822-4136


測定顕微鏡”MF-Aシリーズ”



[ページを閉じる]