テクノロジーTOP
トレーサビリティ
保有技術と設備
品質保証体系
認定事業者
規格に関する情報
製品への応用技術
規格に関する情報

日本産業規格 JIS B 7503 (ダイヤルゲージ)の変更について

2017年3月29日に、ダイヤルゲージの設計仕様及び計測特性を規定したJIS B 7503が改定されました。(JIS B 7503:2017)
この規格は、グローバル化を目的とし、国際規格である ISO 463:2006を基として作成された日本産業規格です。
主な変更点を下記に示します。詳細については、規格原文または日本産業標準調査会のホームページにてご確認ください。


JIS B 7503:2011
最大許容誤差 (MPE)
任意の1/10回転指示誤差
任意の1/2回転指示誤差
任意の1回転指示誤差
全測定範囲指示誤差

任意の1/2回転及び、任意の1回転指示誤差の評価対象
⇒該当する範囲の両端(2点)だけの測定点
許容限界 (MPL)
最大(N) 製造業者の仕様による
最小(N)
測定力の差(N)
測定個所 始点・中点・終点の行き戻り
測定ポイント
・起点から終点まで
・行き戻り両方向
・2回転までは1/10回転間隔
・5回転までは1/2回転間隔
・25回転までは1回転間隔
・25回転以上は5回転間隔

・終点は3目盛以上 押し込んでから戻す

JIS B 7503:2017
最大許容誤差 (MPE)
1/10回転指示誤差
1/2回転指示誤差
1回転指示誤差
全測定範囲指示誤差

1/2回転指示誤差及び、1回転指示誤差の評価対象
⇒1/2回転及び1回転ごとの全測定点
許容限界 (MPL)
測定範囲(mm) 10以下 10を超え30以下 30を超え50以下 50を超え100以下
最大(N) 2.0以下 2.5以下 3.0以下 3.5以下
最小(N) 製造業者の仕様による
測定力の差(N)
測定個所 始点・終点の行き戻り
測定ポイント
・始点から終点まで
・行き戻り両方向
・始点から2回転までは1/10回転ごと
・2回転から5回転までは1/2回転ごと
・5回転から10回転まで1回転ごと
・10回転から50回転まで5回転ごと
・50回転からは10回転ごと
・終点は3目盛以上 押し込んでから戻す
【参考】JIS B 7503:2011年版と1997年版の比較につきましては、下記をクリックしてください。


JIS B 7503:2011 とJIS B 7503:1997 の比較