お知らせ・プレスリリース
ミツトヨレポート
模倣品に対するご注意
ミツトヨレポート

ユーザのみなさまにホットな情報をお届けする ミツトヨレポート

NEW TECHNOLOGY TREND
「ミツトヨのゲージブロック」
宮崎工場 技術課 山中 誠

熱膨張係数付ゲージブロック
図-10 熱膨張係数付
ゲージブロック
ミツトヨの最高技術により支えられた品質により、高精度な熱膨張係数の値が付いたK級を超えた最高級のゲージブロックです。20℃以外の環境でゲージブロックを使用する際に熱膨張係数による温度補正が必要になりますが、このゲージブロックの熱膨張係数の値を用いる事で温度補正誤差を小さくする事が出来、より高精度な測定が可能になります。
ゲージブロックの熱膨張係数は、材質、熱処理によって異なります。また、同じ材質でもメーカにより異なり、細かいところでは各生産ロットでも異なっていますので、厳密にはゲージブロック1個1個異なった値を持っています。この「熱膨張係数付ゲージブロック」は、このゲージブロックの熱膨張係数を個別に高精度に測定し、その値を付けたゲージブロックになります(図-10、表-2)。
表-2 主な仕様
低膨張セラミックスゲージブロック(ゼロセラブロック)
図-11 ゼロセラブロック
熱膨張が極めて小さく(0±0.02×10-6/K(20℃))、軽量な特殊セラミックスを採用した低膨張セラミックスゲージブロックです。
温度による寸法変化が非常に小さいため、20℃以外の環境における基準器として、工作機械や測定機器などの温度補正値の校正に最適な長さ基準です。また、校正対象となる機器の温度環境に合わせる温度慣らし作業を軽減できるため、作業効率を大きく向上できます(校正対象への温度影響にはご注意ください)。また、ガラス系素材と違って、アモルファス(非晶質)相を排除したポアレス(無空孔)構造セラミックス素材なので高い熱的安定性と高い剛性を示します。(図-11、表-3)
表-3 主な仕様
マイクチェックゲージブロックホルダ
マイクロメータ検査用ゲージブロックセット(BM1-10Mなど)のゲージブロックを一括して固定できる専用ホルダです。セットのゲージブロックを一括クランプし、連続測定できるもので、いつでもどこでも素早くマイクロメータの精度チェックができます。縦姿勢でも横姿勢でも測定が行え、また、ゲージブロックセットに付属のオプチカルパラレルを取付ける事が可能ですのでマイクロメータ平行度の確認も行えます(図-12)。
ゲージブロック及び
オプチカルパラレルを組み
込んだ状態
縦姿勢によるマイクロメータの
寸法の検査例
横姿勢によるマイクロメータの
寸法の検査例
図-12 マイクチェックゲージブロックホルダ
セラストン
世界で初めて“ゲージブロックかえり取り専用砥石”として開発された、ミツトヨオリジナルです。セラストンはアルミナセラミックス製であり、ゲージブロックやあらゆる精密加工面に発生したかえりの除去に最適な砥石です。ゲージブロックを使用する前には必ず、ゲージブロック測定面にかえりが無いかをオプチカルフラットで確認してください。かえりがある場合にはセラストンを用いてかえり除去した上でご使用ください(図-13)。
図-13 セラストン
next

もどる