テクノロジーTOP
トレーサビリティ
保有技術と設備
品質保証体系
認定事業者
規格に関する情報
製品への応用技術
規格に関する情報

「表面粗さ」に関するJIS 2001年規格について

表面粗さ測定において、最近、測定機のディジタル化が進んだことに伴い、工業製品の表面の多様な評価が可能となり、国際規格ISOにおいても新しい表面粗さパラメータが採用され、新しい概念のフィルタが導入された規格が発行されました。
JISも国際的な整合性を図る必要が生じ、ISO規格を翻訳し、技術的内容及び規格票の様式を変更することなく、表1の規格が発行されました。
詳しい内容につきましては、日本規格協会発行の該当規格をご覧下さい。

<主な変更点>


触針の推奨寸法および測定力が定義されました。

短波長成分を遮断するカットオフ値λsが定義されました。

パラメータが大幅に増え、Rzの定義が変更されました。

パラメータの指示値と測定値の比較するための新しいルールが定義されました (16%ルール & 最大値ルール)。

表1.表面粗さに関するJIS

  規格名称
JISB0031:2003 製品の幾何特性仕様 (GPS)-表面性状の図示方法
JISB0601:2001 製品の幾何特性仕様 (GPS)-表面性状:輪郭曲線方式-用語,定義及び表面性状パラメータ
JISB0610:2001 製品の幾何特性仕様 (GPS)-表面性状:輪郭曲線方式-転がり円うねりの定義及び表示
JISB0631:2000 製品の幾何特性仕様 (GPS)-表面性状:輪郭曲線方式-モチーフパラメータ
JISB0632:2001 製品の幾何特性仕様 (GPS)-表面性状:輪郭曲線方式-位相補償フィルタの特性
JISB0633:2001 製品の幾何特性仕様 (GPS)-表面性状:輪郭曲線方式-表面性状評価の方式及び手順
JISB0651:2001 製品の幾何特性仕様 (GPS)-表面性状:輪郭曲線方式-触針式表面粗さ測定機の特性
JISB0659-1:2001 製品の幾何特性仕様 (GPS)-表面性状:輪郭曲線方式-測定標準-第1部:標準片
JISB0670:2002 製品の幾何特性仕様 (GPS)-表面性状:輪郭曲線方式-触針式表面粗さ測定機の校正
JISB0671-1:2002 製品の幾何特性仕様 (GPS)-表面性状:輪郭曲線方式-プラトー構造表面の特性評価-
第1部:フィルタ処理及び測定条件
JISB0671-2:2002 製品の幾何特性仕様 (GPS)-表面性状:輪郭曲線方式-プラトー構造表面の特性評価-
第2部:線形表現の負荷曲線による高さの特性評価
JISB0671-3:2002 製品の幾何特性仕様 (GPS)-表面性状:輪郭曲線方式-プラトー構造表面の特性評価-
第3部:正規確率紙上の負荷曲線による高さの特性評価

JIS B0651で定義される触針先端形状と測定力

  JIS B0651:1976 JIS B0651:1996 JIS B0651:2001
先端部の形状 円すい形 or 四角すい
60°or 90°
円すい形
60°or 90°
円すい形
60°or 90°
特に指示がない限り60°を使用
触針先端半径と測定力 先端半径(μm) 測定力(mN) 先端半径(μm) 測定力(mN) 先端半径(μm) 測定力(mN)
2 0.7 2 0.7 2 0.75
5 4 5 4 5
10 16 10 16 10
10μmは特に必要な場合のみ 触針先端半径とカットオフ値λc、λsの関係を定義

JIS B0601で定義される断面曲線と粗さ曲線

  JIS B0601:1982 JIS B0601:1994 JIS B0601:2001
断面曲線 フィルタなし フィルタなし カットオフ値λsの低域フィルタ
粗さ曲線 カットオフ値λcの高域フィルタ カットオフ値λcの高域フィルタ カットオフ値λs-λcの帯域フィルタ
フィルタ 2CR特性のフィルタで減衰率75%になる波長をカットオフ値とする 減衰率が50%になる波長をカットオフ値とする位相補償型フィルタ 減衰率が50%になる波長をカットオフ値とする位相補償型フィルタ

JIS B0601で定義されるパラメータ

規格 JIS B0601:1982 JIS B0601:1994 JIS B0601:2001
評価曲線 断面曲線 粗さ曲線 粗さ曲線 断面曲線 粗さ曲線 うねり曲線
最大山高さ Pp Rp Wp
最大谷深さ Pv Rv Wv
最大高さ Rmax Ry Pz Rz 注1 Wz
要素の平均高さ Pc Rc Wc
最大断面高さ Pt Rt Wt
算術平均高さ Ra Ra Pa Ra Wa
二乗平均平方根高さ Pq Rq Wq
スキューネス Psk Rsk Wsk
クルトシス Pku Rku Wku
平均長さ Sm PSm RSm WSm
二乗平均平方根傾斜 PΔq RΔq WΔq
負荷長さ率 Pmr(c) Rmr(c) Wmr(c)
切断レベル差 Pδc Rδc Wδc
相対負荷長さ率 Rmr Rmr Wmr
十点平均粗さ Rz Rz RzJIS注2
局部山頂の平均間隔 S

注1)
1982年、1994年のJIS規格では、記号Rzは「十点平均粗さ」を指示するために使われていましたが、2001年規格では最大高さを指示するために使用されます。
注2)
2001年規格では「十点平均粗さ」を指示する記号はRzJISと付属書に記載されていますが、ISO規格には記載はありません。