お知らせ・プレスリリース
ミツトヨレポート
模倣品に対するご注意
ミツトヨレポート

ユーザのみなさまにホットな情報をお届けする ミツトヨレポート

NEW TECHNOLOGY TREND
小形表面粗さ測定機 サーフテストSJ-310/410シリーズ
研究開発本部 商品開発部 9課 課長 日高 宏幸

小形表面粗さ測定機は、加工物の品質管理に加え、適用範囲が多岐にわたり、更なる測定・解析機能の向上が求められています。
また一方で、簡単に測定するための操作性向上と低価格へのニーズが依然として強くあるのが現状です。 これらのニーズにお応えするために、小形表面粗さ測定機サーフテストSJ-301/401シリーズの基本性能が更に向上したサーフテストSJ-310/410シリーズをリリースしました。
このSJ-310/410シリーズについて特長、機能を紹介します。
SJ-310/410の共通の特長
[操作性に優れ、高速プリンタ内蔵の高機能な演算表示部]
大画面で視認性の良いタッチパネル付き大形(5.7インチ)カラーグラフィックLCDを搭載しています。さらに画面表示にアイコンを選択すれば、タッチパネルとの組み合わせにより、簡単で直感的な操作を行えます。また、高速プリンタも内蔵しており、測定から測定結果の印刷までワンボタン(STARTボタン)で行うことも可能です
高速プリンタは演算結果(合否判定結果含む)や評価曲線のほか、BAC曲線やADC曲線の印字も可能です。液晶表示と同じ横向き印刷も可能で分かりやすいレイアウトになっています。また、印字速度は、約1.5倍(従来機種との比較)です。
[画面はアイコン/テキスト表示の切替可能]
画面はアイコン表示とテキスト表示の切替が可能で、ユーザビリティを兼ね備えた操作性を実現しています。 また、ガイダンス機能付きのため、ボタンの詳細説明も表示可能です。
[合否判定機能]
粗さパラメータに対して公差設定を行うとOK/NG判定マークが表示され、NGの場合には演算結果が上限/赤、下限/青で表示されます。また、判定結果をプリントアウトすることも可能です。
合格時はOK、不合格時は上限、下限のどちらにNGかを矢印で表現して印字されます。
[一度の測定で2つの異なる評価条件の評価が可能]
1回の測定で異なる2つの評価条件の解析を同時に行うことが可能です。データ保存後の再計算などに頼らず、1回の測定で異なったパラメータの演算や評価曲線の解析ができますので、作業の効率化に貢献します。
[演算結果表示は選択可能]
演算結果表示は波形表示、1段表示、4段表示、トレース表示の中から選択できます。

[図面表示形式での評価条件入力機能も搭載]
評価条件の入力は、ISO/JIS粗さ規格の図面指示記号に合わせて行うこともできます。
[パスワード保護機能]
予めパスワードを登録 し、測定条件等の各種設定を測定機管理者だけに限定することもできます。
next

もどる