会社情報TOP
社長メッセージ
ミツトヨグループ理念体系
会社概要
拠点のご案内
ミツトヨの歩み
環境への取組み
採用情報
計測学院のご案内
博物館・歴史館
信頼される企業に向けて
ミツトヨの歩み

1930-1959

1960-1979

1980-1999

2000-

会社沿革

商品沿革


1963

米国市場への拠点進出
米国市場への拠点進出(1963)

1967

沼田研究所、ゲージブロックの専門工場となる。

広島工場より鋳造部門を分離し
広島鋳造工場(現広島素形材工場)を建設

1968

ヨーロッパ市場への拠点として
ドイツサンポー社設立
ドイツサンポー社設立(1968)

代表取締役 社長に片山準三就任

1960-


1960

表面粗さ標準片開発

大形ノギス生産開始

1961

電気測微指示計生産開始

1962

大越式表面粗さ検査機生産開始
大越式超粗さ検査機

ダイヤルノギス生産開始

1963

電気マイクロメータ「ミューチェッカ」生産開始

ストレンゲージ式ウルトラコンパレータ開発

1967

平均表面粗さ測定機「サーフテスト」生産開始

ゲージブロック標準セット生産開始

1968

二次元座標測定機開発生産開始

1969

三点式内側マイクロメータ「ホールテスト」生産開始

三次元測定機生産開始


1970

栃木県那須郡馬頭町に宇都宮分工場として
馬頭工場を建設、操業開始

1971

代表取締役社長に沼田智秀就任

1973

カナダ三豊設立

1974

ブラジル三豊設立、最初の本格的海外生産拠点として
スザノ工場を建設

1975

三豊計測学院開設

1977

高知県大野見村に
広島工場協力会社大野見精密株式会社を建設

1978

シンガポールに三豊アジア・パシフィック社(MAP)を設立
シンガポールMAP社設立(1978)

1979

英国・アンドーバーに英国三豊設立

メキシコシティにメキシコ三豊設立

ミツトヨメスゲレーテレオンベルク設立

広島分工場の志和工場、操業開始

1970-

1970

自社開発スケール装着三次元測定機生産開始

カウンタ付2本柱ハイトゲージ生産開始

1971

カウンタ付外側マイクロメータ生産開始

横形三次元測定機開発

輪郭形状測定機「コントレーサ」(日本初)開発

1972

テーブル回転形真円度測定機開発

1975

リニヤスケールユニット生産開始

1976

CNC三次元測定機開発

1977

チェックマスタ生産開始

1979

デジマチックマイクロメータ生産開始
デジタル式マイクロ生産開始(1979)

計量研形大口径ねじゲージ用CNC三次元測定機製作

ダイヤルゲージ検査機開発


1930-1959

1980-1999