ミツトヨ精密測定機器・総合カタログNo.13-51版
55/628

A-26A■仕様●コードNo.:264-002●符号:MUX-10F●入力:デジマチック測定器4台●出力(RS-232C):伝送方法:半二重通信、伝送コード:ASCII / JIS、データ長:8ビット、パリティ:なし、ストップビット:1ビット、ボーレート:300, 600, 1200, 2400, 4800, 9600, 19200●コネクタ仕様:●データフォーマット: (1)データ出力時 (2)データフォーマット例 (3)エラーコード出力時●電源:ACアダプタ(9V, 500 mA)●外観寸法:91.4(W)×92.5(D)×50.4(H)mm●標準価格:66,000円※通信ソフトウェアは付属していません。D1 D2 D3 D4 D5 D6 D7 D8 D9 D10 D11 D12 D13データフォーマットコードNo.:0表示(CH1)↓出力データ01A-0000.018CR-0.018チャンネルNo.:1~4測定項目:ALSD(浮動小数点)符号:+/-CRD1 D2 D3 D4 エラーフォーマット:9チャンネルNo.:1~41:データ入力しない場合2:取り込んだデータが 規定フォーマット以外 の場合エラーコードNo.CR表示(CH2)↓出力データ02A+000.1234CR0.1234複数チャンネル出力の場合はチャンネル番号の若い順に繰り返し出力します。計測データ転送装置マルチプレクサ MUX-10F●計測データ転送装置マルチプレクサMUX-10Fは、デジマチック出力された測定データをRS-232Cに変換してパソコンやシーケンサなどへ外部出力します。●デジマチック出力付の測定機器を最大4台まで接続できます。264-002MUX-10F■使用例デジマチック測定器側のデータスイッチによるデータの取り込み●データスイッチを持つデジマチック測定器では、データスイッチを押すことでデータを取り込み、RS-232C仕様に変換して出力します。ロードスイッチによるデータの取り込み●データスイッチを持たないデジマチック測定器を使用する場合や、同時測定を行う場合には、ロードスイッチを使用し、ツールセレクトスイッチで選択されている測定器のデータを取り込み、RS-232C仕様に変換し出力します。●ツールセレクトスイッチで、複数の測定器が選択されている場合は、チャンネル1→チャンネル4の順番にデータの取り込みを行います。●ロードスイッチの代わりに、フットスイッチを使用することもできます。 フットスイッチ(オプション)No.937179T外部コマンドによる取り込み●パソコン側からコマンドを入力することで、指定したチャンネルの測定器のデータを取り込み、RS-232C仕様に変換して出力します。MUX-10F前面のロードスイッチを押す。ツールセレクトスイッチデジマチック出力パソコンフットスイッチMUX-10F①②③④デジマチック出力パソコン測定データコマンドMUX-10F①②③④ピン番号信号名接続先仕様本器入出力1CDout2RD受信データout3TD送信データin45GNDグランド6DRout78CSout9※パソコンとの接続は、市販のRS-232Cケーブルストレート結線をご用意ください。コマンド(ASCII)転送チャンネル1(ASCII corde31)CR12(ASCII corde32)CR23(ASCII corde33)CR34(ASCII corde34)CR4※A(ASCII corde41)CR1、2、3、4※B(ASCII corde42)CR1、2、4※C(ASCII corde43)CR1、3、4※D(ASCII corde44)CR2、3、4E(ASCII corde45)CR1、2、3F(ASCII corde46)CR1、2G(ASCII corde47)CR1、3H(ASCII corde48)CR1、4I(ASCII corde49)CR2、3J(ASCII corde50)CR2、4K(ASCII corde51)CR3、4※印のコマンドでは4 chをoffにした場合、以前のMUX-10と同じ動作になります。 仕様、価格、デザイン(外観)ならびにサービス内容などは、(予告なしに変更することがあります。あらかじめご了承ください。)①②③④⑤⑥⑦⑧⑨ RS-232C(ASCIIコード)測定器のデータスイッチを押す。デジマチック出力パソコンMUX-10F

元のページ  ../index.html#55

このブックを見る