ミツトヨ精密測定機器・総合カタログNo.13-51版
53/628

A-24AIT-016U/USB-ITNやU-WAVEとUSB-ITPAK V2.1を組み合わせるとエクセルへ取り込むための測定手順を作成できます。■USB-ITPAK V2.1を使った測定事例・・・・USB-ITPAK V2.1で設定できる3つの測定方法を具体例で紹介します。順次測定 1台または複数の測定器(IT-016U/USB-ITN、U-WAVE経由)を使用して、あらかじめ登録した手順通りに1データずつ順番に入力する測定方法一括測定 複数の測定器(IT-016U/USB-ITN、U-WAVE経由)からデータを一括して取り込む測定方法(測定例)右図ワークの外径X・Yと長さHを順番に5個ずつ測定し    最後に目視で外観(傷、色むらなど)を合否判定 ③目視で傷、色ムラなどの有無で外観検査し「OK」「NG」を入力HYX ②ノギスで長さHを5個測定市販USBハブ(測定例)下図ワークの高さA~D4箇所を一括(同時)測定(USB-ITPAK V2.1使用時の注意事項)・測定データの入力先として指定する範囲ではセルの結合は行わないでください。・測定実行中は、使用中のエクセルシートに対して、測定手順に登録されたデータ入力作業以外の操作は行えません。 書き込みを行いたい場合は、測定を「中断」または「終了」する必要があります。USB-ITN-F x 2個USB-FSW x 2個   +フットスイッチ x 2個データ要求データキャンセル高さABCDUSB-ITN-Cあらかじめ指定した任意のエクセルシートマイクロメータの入力範囲(B2-F3)ノギスの入力範囲(B4-F4)目視判定の入力範囲(B5-F5)次にデータが入力されるセルは緑色で表示されます。データ入力後のセル移動方向 (下、右)改行(行、列)ABCDEF1測定項目123452寸法X10.02510.0339.96410.03110.0463寸法Y9.98210.01710.0089.99610.0274寸法H29.9730.0230.0729.9630.045外観OKOKNG測定手順実行時に下記ウィンドウが表示されマウス操作で「データ要求※」、「データキャンセル※」、「データスキップ※」、「中断」、「終了」を指示できます。 ※印の操作についてはファンクションキーやフットスイッチ(USB-FSW経由)への割付が可能です。文字列入力「OK」文字列入力「NG」データ 要求※※U-WAVEのデータ要求は不可データキャンセルUSB-FSW x 4個   +フットスイッチx4個市販USBハブデータスイッチの長押しでデータキャンセル1回目の測定(済)2回目の測定(済)3回目の測定(済)4回目の測定(次の入力待ち)ABCDE1高さA高さB高さC高さD215.028.039.966.03324.988.0210.015.99434.978.0410.075.965465複数の作業者がランダムに測定を行い、それぞれの測定器(IT-016U/USB-ITN、U-WAVE経由)から、個別に設定した入力手順(入力先、移動方向など)にしたがってデータを入力する測定方法個別測定 (測定例)6個の測定物を作業者2名で3個ずつ分担して測定する(並行作業)USB-FSW x2個+フットスイッチx2個複数の作業者が並行して測定するのでシステムでひとつしかない下記ウィンドウの操作ボタンやファンクションキーは使えません。有効なのは複数台使用可能なフットスイッチ(USB-FSW経由)のみです。データ要求データキャンセルBAC測定物No.1~3測定物No.4~6作業者1USB-ITN-CU-WAVE-T作業者2ABCDEFG1測定項目1234562寸法A10.0210.039.9610.1510.2310.043寸法B9.9810.0110.079.999.784寸法C10.1510.149.9610.27次に測定・入力するセル次に測定・入力するセル作業者1作業者2U-WAVE-RU-WAVE-T x 2個特注U-WAVEPAK(イベント駆動)が必要になります(A-21参照)データスイッチの長押しでデータキャンセルU-WAVE-R ①マイクロメータで外径X・Yを 5個測定U-WAVE-T、U-WAVE-TM/TCU-WAVE-R市販USBハブ 仕様、価格、デザイン(外観)ならびにサービス内容などは、(予告なしに変更することがあります。あらかじめご了承ください。)

元のページ  ../index.html#53

このブックを見る