ミツトヨ精密測定機器・総合カタログNo.13-51版
363/628

F-12F■使用例■演算係数計算例測定項目D=口元径、隙間、溝幅 H=皿モミ深さR=丸物の外側半径R=丸物の内側半径R=丸物の外側半径測定治具※8測定子円錐球円錐̶測定方法 x:スピンドルの 移動量θxDrθxHdDθxDθRXRrX2LRr2Lrx+dR2L演算式D=AxD=Ax+BH=Ax+BD=AxR=AxR=Ax+B+Cx-1R=A(x+d)+B+C(x+d)-1演算係数A-2tan θ-2-2tan θ-2-1-2tan θ-2- sin θ-2  1-sin θ-2 1-2- 1-2 1-2B0 2γ( 1 cosθ-2 -tan θ-2 ) γ( 1    cosθ-2 -1)- d 2tan θ-2 00-γγ-γC00000 L-22- L-22 L-22オリジンオフセット値(機能ON/OFF)d0(OFF)0(OFF)0(OFF)0(OFF)0(OFF)0(OFF)0(OFF)d(ON)オリジン設定位置(x=0とする位置)dオリジン設定時の表示値(x=0ときの表示値)0係数Bの値000Err 30※9(表示値オーバーフローエラー)dの値による※8:お打ち合わせにより、ご注文により測定物に合わせた測定治具を製作いたします。※9:スピンドルを動かし、測定値が表示可能な範囲に入ると、エラーは解除されます。 仕様、価格、デザイン(外観)ならびにサービス内容などは、(予告なしに変更することがあります。あらかじめご了承ください。)面取り穴口元径外 径外 径球の径

元のページ  ../index.html#363

このブックを見る