ミツトヨ精密測定機器・総合カタログNo.13-51版
332/628

E-27Eゲージブロック●ミツトヨがお届けする長さの基準●段差は段階状で、ブロックNo.1から5にかけて低くなっています。●隣接段差を光波干渉計にて測定しています(検査成績書には0.01 µm単位で記載)。また、隣接段差の許容値は±0.20 µm以内です。●用途に応じて、鋼製とセラミックス製で各2種類を準備しています。●隣接段差とは、隣合う測定ブロックの中央寸法の差になります。516シリーズ 段差マスタセラミックス製516-499鋼製516-199■外観寸法図 単位:mm隣接段差表示段部拡大図ブロックNo.表示4515267300123451005020μm77776(最大高さ) R0.2以下検査成績書を標準で添付しています。 詳細はU-15ページをご参照ください。 仕様、価格、デザイン(外観)ならびにサービス内容などは、(予告なしに変更することがあります。あらかじめご了承ください。)■鋼製 仕様コードNo.516-198516-199商品名段差マスタ 10S段差マスタ 300SブロックNo.1234512345累積段差(µm)0101517180300400450470隣接段差(µm)105213001005020標準価格107,400円107,400円■セラミックス製 仕様コードNo.516-498516-499商品名段差マスタ 10C段差マスタ 300CブロックNo.1234512345累積段差(µm)0101517180300400450470隣接段差(µm)105213001005020標準価格163,900円163,900円※書類がご必要な場合は、コードNo.末尾に次のように数字を追加します。 ○○○-○○○-14:JCSS校正証明書付(標準価格:本体標準価格+3,000円)

元のページ  ../index.html#332

このブックを見る