MPP-10

/pim-assets/medias_converted/Highres/Mitutoyo/Media/Image/17_Coordinate Measuring Machines/21_0_MPP10_000000_FS_1.eps

*商品の最新の在庫状況・納期は、お取引のある商社様または弊社営業所にご確認ください。

*商品画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。商品詳細は仕様を必ずご確認ください。

CNC三次元測定機によるねじ有効深さの自動測定を可能にした世界唯一のプローブです。

主な特長

  • ねじ穴は、深さが足らなければ締付けができませんし、深すぎても無駄に加工時間が長くなったり、強度面に影響したりするため、適正な有効深さを確保することが非常に大切です。このねじ穴有効深さの測定は、ねじゲージと呼ばれる専用ゲージを測定者が手でねじ込んで、その深さを確認するという方法が一般的です。しかし、自動車エンジン部品ともなると、ねじ穴数が100箇所以上になるものもあり、ねじゲージを使った評価は非常に時間がかかるとともに、測定者への負担を強いることになります。MPP-10は、CNC三次元測定機によるねじ有効深さの自動測定を可能にした世界唯一のプローブです。
  • MPP-10はPH10M/PH10MQなどの姿勢を自動変更できるプローブヘッドに装着することができますので、様々な方向にねじ穴加工がされた測定物でも、全自動測定が可能です。また、プローブチェンジシステムによる他プローブとのコラボレーションにより、様々な形状部品測定の全自動化も可能となります。

仕様

符号 MPP-10
 最大測定深さ M4~M8ねじ(mm)
30
 最大測定深さ M4~M20ねじ(mm)
60
 最大測定速度 M4~M10ねじ(mm/s)
10
 最大測定速度 M12~M20ねじ(mm/s)
30

ご購入方法に関するお問合せ

ミツトヨ商品のご購入につきましては、お取引きのある商社様または最寄りの弊社営業所までお問い合わせください。なお、商社様の紹介をご希望の場合も、弊社営業所や海外拠点へご連絡ください。

お得なキャンペーン情報