2002.10.10
広視野・高能率計測が可能なニューコンセプト二次元画像測定機"QUICK IMAGEシリーズ"を発売


二次元画像状測定機 QUICK IMAGE

 

 株式会社ミツトヨは、テレセントリック光学系を採用し広視野・高能率計測が可能なニューコンセプト二次元画像測定機"QUICK IMAGE(クイックイメージ)シリーズ"を新たに開発し、2002年12月21日より販売を開始します。また、10月28日より東京ビッグサイトにて開催される「第21回日本国際工作機械見本市JIMTOF2002」(ミツトヨ・ブース 西1ホール1階 小間No.W1042)に出品します。

 ミツトヨは、今春、非接触CNC画像測定機"クイックビジョンシリーズ"を全面フルモデルチェンジするとともに、ハイコストパフォーマンスな"クイックビジョン・エルフシリーズ"を新たに加え、強力なラインアップでIT関連産業を中心とする顧客から大きな評価を得ました。しかし、これらのいわゆるIT系以外の各種機械加工産業などの分野においても非接触による画像測定のニーズが高まっています。"QUICK IMAGE(クイックイメージ)シリーズ"は、スリーブなどの円筒加工物や刃工具類のように厚み、段差があるワークでも同時にピントを合わせることができる両側テレセントリック光学系を採用し、従来画像測定では難しいとされていた分野に対応するニューコンセプト二次元画像測定機です。低倍率域で広視野を一括測定でき、一部品に多数の測定箇所があるプレス成型品や樹脂成型品などでも高能率な測定を可能としています。ミツトヨは、今回の新分野に対応する商品の市場投入で、高倍率・高精度な画像測定から低倍率・広視野画像測定までをカバーするフルラインアップ化を達成し、画像測定機トップメーカとして市場での位置を確固たるものにしていきます。
 画像測定機"QUICK IMAGE(クイックイメージ)シリーズ"は、長焦点深度を持ち、段差があるワークや円筒形状のワーク、厚みの異なる立体物等でも難なく測定でき、また両側テレセントリック光学系で測定誤差を大幅に抑えました。同時に、メガピクセルCCDカメラを搭載し高精度化を実現するとともに、広視野内(29.5×22.2mm)を一括測定でき、測定効率を大幅に向上させることが可能です。さらに、照明系では透過照明のほかに落射照明、4分割LEDリング照明もサポートしており、ワーク表面の寸法測定にも対応します。機種バリエーションには、画面内計測用の「固定ステージタイプ」と測定範囲50×50mmの「XYステージタイプ」を用意し、用途に応じた選択が可能です。

[価格と販売見込]

標準価格(標準構成の場合): 250万円〜(XYステージタイプ)
初年度販売台数見込: 500台

[主な特長]

(1) テレセントリック光学系で立体形状も難なく測定
◇深い焦点深度により段差のあるワークや円筒加工物でもピント合わせが不要であると同時に、両側テレセントリック光学系の採用で誤差を抑えた測定が可能。

(2) 長焦点深度モード(ノーマルモード)と高分解能モードの切替え機能を搭載
◇深い焦点深度で多様なワークに対応できる長焦点深度モード(ノーマルモード)に加え、より高精度な測定ができる高分解能モードを搭載し、ワンアクションで切替えが可能。

(3) メガピクセルCCDカメラを搭載
◇高解像度のデジタル式CCDカメラで高精度な寸法測定が可能。

(4) 広視野を一括測定
◇広視野内(29.5×22.2mm)を実績のある画像処理ソフトウェアで高速に一括測定でき、測定効率を大幅に向上。

(5) 充実した照明系
◇透過照明のほか、落射照明、4分割LEDリング照明をサポート。ワークの輪郭測定は勿論、表面の寸法測定も可能。

[主な仕様]

・一画面視野: 29.5×22.2mm
・測定範囲(XY軸):50×50mm(XYステージタイプのみ)
・測定範囲(Z軸):25mm
・測定モード:ノーマルモード/高分解能モード(ノブ切り替え式)
・焦点深度(ノーマルモード): 22mm
・焦点深度(高分解能モード): 1.2mm
・画面内繰返し精度(ノーマルモード): ±2σ≦3μm
・画面内繰返し精度(高分解能モード): ±2σ≦1μm
・カメラ:メガピクセルCCDカメラ (B&W)
・照明装置 :透過照明(標準)、垂直落射照明/4分割LEDリング照明(オプション)

[お客様からの問合せ先]

株式会社ミツトヨ 機器営業グループ 画像担当 電話(044)822-1429 ファクス(044)822-4136




[ページを閉じる]