2001.3.15
門移動形高速CNC画像測定機"クイックビジョン・アクセルシリーズ"を発売

株式会社ミツトヨは、成長を続けるIT関連産業をターゲットに 「高速」「省スペース」「高機能」を実現したCNC画像測定機"クイックビジョン・アクセルシリーズ"を開発し、2001年4月21日より販売を開始します。

急速に発展する半導体、電子部品関連産業では、更なる小型化、高密度化が進み、画像測定機に対する高精度化、高機能化の要求もより厳しくなってきています。また同時に、一層の生産性向上を目指す動きも活発となっており、計測の分野においてもあらゆる面で効率を上げていく必要性があります。ミツトヨはこのような市場ニーズを背景に、これまでリーディングカンパニーとして蓄積した画像測定のノウハウや三次元測定技術、更にはレンズメーカとしての光学技術を融合し、次世代の高速CNC画像測定機"クイックビジョン・アクセルシリーズ"の開発、商品化に成功しました。
"クイックビジョン・アクセルシリーズ"は、「門移動構造」「高速(従来機比約2倍)」「省スペース(従来機比約30%減)」「高機能」等の特徴を活かし IT関連産業をターゲットに軽薄短小ワーク(ICパッケージ・コネクタ・マスク・プリント基板など)に最適な機種として開発されました。
更に オプションとしてプリント基板のソリやバンプ高さ等のZ軸測定を高速・高精度に測定可能な自社製レーザオートフォーカスを搭載可能としています。
"クイックビジョン・アクセルシリーズ"は、中型機として400,600,800、大型機として1250,1500の5サイズと測定精度の違いによる2シリーズに、照明装置、変倍装置の組み合わせによる4グレードを用意しており、お客様の要求仕様に応じたきめ細かな対応が可能です。800サイズでシステム概算価格2,000万円となっており、4月21日より販売を開始、初年度500台の販売を見込んでいます。

[主な特長]

(1) 高速・高精度寸法測定
測定効率を第一に考え、本体の剛性を高めるとともに、従来機の約2倍となる400mm/secのXY軸駆動速度を実現。また、フルスピードで測定しても「測定精度U1=(2.2+3L/1000)μm」を保証し、精度を犠牲にすること無く測定効率のアップに貢献。

(2) 測定ワーク固定治具の簡略化
測定ステージがまったく移動しない「門移動形」構造の採用で測定ワーク用の固定治具を簡略化、治具製作工数や検査工数の削減に大きく貢献。

(3) 省設置スペース
門移動形の特長を生かした省スペース設計により、同サイズの従来機比で最大約30%(設置面積)を縮小。

(4) レーザオートフォカス(オプション)
高速移動時に安定かつ高速な高さ測定が可能なレーザオートフォーカスが搭載可能。


[主な仕様(標準機)]

測定範囲(X×Y×Z)mm 400×400×90 600×600×90 800×800×90
最小表示量/測長ユニット 0.1μm/反射形リニヤエンコーダ
測定精度
(U1)
X・Y軸 (2.2+3L/1000)μm
Z軸 (4+5L/1000)μm
繰返し精度

短寸法

X・Y軸 3σ=0.2μm

長寸法

X・Y軸 3σ=0.7μm

レーザオートフォーカス

Z軸 σ=0.4μm
駆動速度 X・Y軸 最大400mm/sec
Z軸 最大150mm/sec
外形寸法(W×D×H)mm 982×1095×1448 1183×1286×1448 1477×1716×1448

 


[お客様からの問合せ先]

株式会社ミツトヨ  機器営業グループ 画像担当  電話(044)822-1429 ファクス(044)822-4136


門移動形高速CNC画像測定機”クイックビジョン・アクセル シリーズ”



[ページを閉じる]